レジスタントスターチ食品は便通を良くしてダイエットにも効果あり

レジスタントスターチは「難消化性デンプン」といわれる、食物に含まれる成分で

小腸では消化せず、大腸で消化される成分です。

このレジスタントスターチには、便通を良くし、大腸癌を防止するという効果があるとされています。

また、そのほかにも血糖値の上昇を抑えたり脂質の代謝を改善することからダイエットにも効果があると期待されています。

このレジスタントスターチ食品とはどういうしくみで、便通やダイエットに効果があるのかわかりやすく解説してみました。

スポンサードリンク

レジスタントスターチとは

便秘の人

元々デンプンは小腸で100%吸収されると考えられてきました。

ところがどっこい、近年の研究で、デンプンにも食物繊維のような働きをするデンプンがあるっことが分かってきました。

この、デンプンのうち、食物繊維のような働きをする成分をレジスタントスターチと言います。

レジスタントスターチは小腸では消化されず、そのまま大腸に送られます。

それがどのような効果をもたらすかというと

まず、食物繊維としての性質を持つことから、便通に非常に効果があり、便通が良くなることで大腸癌の予防効果が期待できます。

さらに、大腸でビフィズス菌などの腸内有用菌の増殖を助け

これらの腸内細菌が発酵して生成される有機酸が脂質の代謝を活発にして、体内の脂肪の増加を抑えたり、

なかなか消化されないことから、満腹感が継続することで、お腹が減りにくい

→食欲を抑え肥満を改善する効果もあるということです。


スポンサードリンク

現代の食生活ではレジスタントスターチは不足している

レジスタントスターチというと何か特別な栄養分のように感じますが

ご飯や麺類、穀物、イモ、豆類などにも含まれている成分で、どこにでもある栄養成分です。

レジスタントスターチが多く含まれる食品

それが現代の食生活でなぜ不足しているのかというと

今時の食生活では、穀類や、イモ、豆類などをあまり食べなくなっていて、昔に比べて食卓に出ることも少なくなってます。

さらに

例えば、美味しいお米というのは、味を良くするために、レジスタントスターチの原料になるアミロースの値が低くなるように品種改良がされているので、身体の中に入ってもレジスタントスターチが作られにくくなっています。

アミロースの含有量が多い食品は、ぱさついたり、固くなりがちなので、あまり好まれないという欠点があります。

ですから、お米以外でも、今時使われるのはアミロースの少ない「美味しい」デンプンが使われる結果、日本人の食べているレジスタントスターチはずいぶん少なくなっています。

しかも、皆さん柔らかくて、味のしみている食品を好むと思いますが

これまた、食材を長時間加熱したり、加工したりすることでレジスタントスターチは更に減少してしまいます。

最近は日本でも大腸癌が増えています。

この原因は、肉や脂肪分の多い食の欧米化が原因と思われていますが

レジスタントスターチの摂取量の減少も、大腸癌が増えている原因ではないかと考えている専門家もいます。

レジスタントスターチの効果効能

血糖値の上昇を抑える

レジスタントスターチは通常のデンプンのように小腸では消化されませんから、通常の食品に比べて急激な血糖値の上昇が抑えられます。

このためレジスタントスターチを配合した食パンが、食後血糖上昇を抑える食パンとして特定保健用食品の認定を受けている例もあります。

腸内環境の改善

良い腸内環境

野菜などと同じようにレジスタントスターチを摂取すると、便の量や回数が多くなることが分かっています。

レジスタントスターチは、一般的に便通に効果があると言われている不溶性食物繊維に較べて、腸内細菌により分解されやすいので、

便の量が増加する上に、腸内細菌の発酵で生じる有機酸が腸の運動を刺激するので、さらに排便を促進する効果が期待され、

おまけに、ビフィズス菌や乳酸菌のような善玉菌が増えることで、腸内の環境が酸性となり、有害物質の作り出す悪玉細菌の増殖を抑える効果もあります。

脂質の代謝改善効果

ラットなどの動物を使った実験で

レジスタントスターチを摂取させることで血中のコレステロールや中性脂肪が減少する効果が報告されています。

レジスタントスターチは他の食物繊維と同様,摂取した中性脂肪や胆汁酸の吸収を抑えて排泄をうながすだけでなく

レジスタントスターチが腸内で発酵されてできる、プロピオン酸,酪酸などが中性脂肪やコレステロールの代謝系に作用して、生成を抑えている可能性もあります。

満腹感が継続する

レジスタントスターチが含まれる食品を食べる事で、満腹感が継続し食事の量が減少することが実験で報告されています。

これは、レジスタントスターチが腸内で発酵することで生成される短鎖脂肪酸の影響と言われていますが、そのメカニズムはまだ完全には解明されていません。

レジスタントスターチの摂取

レジスタントスターチ食品

レジスタントスターチはこれまで説明してきたとおり、非常に身体に良い食物成分なのですが

最近の食生活ではデンプン系の食物が少なくなっているというか、糖質制限ダイエットや糖質オフ食品が流行っていることも有り、日本人のレジスタントスターチを食べる量は減少しています。

しかも、一般の食品に含まれているレジスタントスターチの量は少なく

充分なレジスタントスターチを食べようと思うと、食べ過ぎ、カロリーオーバーになる可能性が高いです(^^;)

ということで、近年さまざまな、高濃度のレジスタントスターチを含んだ澱粉が商品化されつつあり,これらを利用した食品も広がってきています。

お店とかで探そうと思う人は

商品名として

レジスタントスターチ、ハイレジスタントスターチ、スーパー大麦などの名称が入っているものを選ぶようにしましょう。

まとめ

レジスタントスターチはデンプンに含まれる成分で、穀物や豆製品に多く含まれます。

便秘や腸内環境改善、ダイエット、血糖値などに効果がありますが

一般的な食品では充分な量を摂取するのは難しく、高濃度のレジスタントスターチ含有の澱粉を商品化したものを食べると、効果的にレジスタントスターチを摂取することが出来ます。

★Amazonでレジスタントスターチ食品を見てみる★

★楽天でレジスタントスターチ食品をみてみる★

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です