清潔にしているのに臭い汗が出るのはもしかして病気のサイン?

最近、妙に汗が臭い

そういう時って汗が臭い原因が、病気だったりします。

どういう病気の時にどのような臭いの汗が出て

どういう注意が必要なのでしょうか

スポンサードリンク

汗が臭い人

Contents

どういう臭いの汗をかくとどういう病気の可能性があるのでしょう

不潔にしていて汗が臭うのは良いのですが
(ホントは良くないです(>_<))

普通に綺麗にしていて、毎日シャワーや入浴をしているのに身体から、臭いが出る。

特に汗をかいた時に独特の臭い臭いがでるようなら要注意です。

汗の臭いと病気の可能性について探ってみました。

甘酸っぱい汗の臭いがする人

汗から甘酸っぱい臭いがしたら糖尿病かも

糖尿病になると、インスリンの分泌が不足して、糖分が分解出来なくなります。

その結果、不足するエネルギー源を補給するために、脂肪を分解してケトン体を作るのですが、このケトン体が甘酸っぱい臭いの原因になります。

また、糖尿病になると肝機能も低下する事が多く、アンモニアの分解機能も低下して、甘酸っぱい臭いとアンモニア臭が混ざったような臭いになります。

アンモニア臭がするのは肝機能が弱っている証拠

食べ物を食べた後、食べ物が体内で消化される時にアンモニアが発生します。

肝臓ではこのアンモニアを尿素に変えて体外に排出する役目を持っていますが、肝臓が弱ってくると、アンモニアがスムーズに分解されずに体内にたまります。

その結果、体内から汗などに混ざってアンモニアが出てくることになり、汗がアンモニア臭くなります。

場合によっては肺を経由して、口臭(アンモニア臭)としてでてくる場合もあります。

初期にはドブやカビ、排水溝や雑巾のような臭いから始まり、肝機能が悪化するにつれ、アンモニア臭が強くなってきます。

また、腎機能が低下した場合にも肝臓でアンモニアから分解して作り出される尿素の排出がスムーズに行われず、汗や口臭がアンモニア臭くなります。

腎機能が低下する時には連動して肝機能が低下することも多く、ダブルでアンモニア臭が強くなる場合も多いです。

また、アンモニア臭は疲労、血行不良によっても引き起こされることがあります。

肝機能が弱ってアンモニア臭の汗をかいている人

腐敗臭がするのは胃腸の機能低下

胃腸の機能が低下している場合に、食べた物が上手く消化されずに、体内で発酵して腐敗臭のような臭いがする事があります。

卵が腐ったような臭い
イオウのような臭い

原因としては

・暴飲暴食
・腸内細菌のバランスの崩れ(善玉菌、悪玉菌)
・ストレス
・加齢
・疲労
・これらが原因する胃炎、胃潰瘍など

胃から卵が腐ったような臭いを出している人

加齢臭が酷い場合は生活習慣病かも

歳と共に加齢臭が出てくるのはある程度、仕方のないことなのですが、生活習慣が乱れていると加齢臭も酷くなってきます。

生活習慣の乱れによって胃腸や、肝臓、腎臓などの働きが悪くなって、先程述べた体臭が、加齢臭にプラスされて、それはえもいわれぬ悪臭になってでてくることもあります。

それは別にして単なる加齢臭だとしても

・脂質の多い食事、食事の乱れ
・喫煙や飲酒
・ストレス
・運動不足

などによって加齢臭の原因であるノネナールの量を増やす原因になります。

スポンサードリンク

汗の臭いが気になって心配な時はどうする

本当は病院に行って診察してもらえば良いのでしょうが、そこまでは酷くないし、普段の生活も、ごく普通におくっている。

でもちょっと気になるような場合はどうすれば良いのでしょうか。

糖尿病の人

汗が甘酸っぱい臭いがして糖尿病が心配な人

糖尿病の症状としては

・のどが頻繁に渇いて、おしっこの回数が増える。
・食事をした後でも満足感がない
・食後に倦怠感や強い眠気を感じる。

更に糖尿病が進行すると

・体重が減少してくる
・常に疲労感がある

その他の症状としては
・目がかすむ
・尿に糖がでる
・立ちくらみ
・手足のしびれ
・手足の冷え
・性欲減退、月経異常
など

これらの症状が明確に出ていれば、病院で受診という事になるのでしょうが、そうでもない、でもなんとなくそんな感じもするという場合

特に心配な場合は自宅でできる尿検査薬がありますから、チェックしてみても良いと思います。

尿糖検査薬

糖尿のほか、尿タンパク(腎臓関連の病気)なども検査出来ます。

★Amazonで尿検査薬を見てみる★

★楽天で尿検査薬を見てみる★

汗がアンモニア臭がして肝機能の低下が心配な人

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、かなり悪化するまで症状は出にくいです。

通常であれば、1年に1回ぐらいは職場や地域の健康診断を受けていると思いますので、いきなり重篤な病気にはならないと思いますが

以前から、健康診断などで肝機能の低下や、血液検査の結果が思わしくない場合などには、肝機能の悪化を考えてみる必要があります。

肝機能低下の原因

肝機能の原因になるのは、普段の生活を顧みて

お酒の飲み過ぎ

これは説明するまでもなく、アルコールの分解のために肝臓が酷使されて、肝臓がへたってしまうことから機能が悪化します

お酒を飲んでいる人

ダイエットなどによる栄養不足(特にタンパク質の不足)

ダイエットをしていると、得てして食事のバランスが悪くなり、特にタンパク質が不足しがちになります。

タンパク質が不足すると、脂肪が上手く燃焼されず、これが脂肪に蓄積して脂肪肝などから、肝炎や肝硬変に発展します。

薬の飲み過ぎ

お酒などと同じで、薬は基本的には「身体に有害な物質」です。

肝臓は一生懸命薬の分解を行いますから、肝臓の能力以上に大量の薬剤を摂取していると、肝機能が低下します。

喫煙

タバコの煙には、アルコールを分解した時に出来るのと同じ有害物質のアセトアルデヒドが含まれています。

タバコを吸う人は大概飲酒する人も多いですからダブルで肝臓を痛めつけていることになります。

便秘の人

便秘

便秘で肝機能が低下すると言われると「えっ」と思う人もいるかも知れませんが、便が体内に長時間留まることで、大腸などから有害物質が再吸収されて、肝臓で分解して解毒することになり、これまた結構、肝臓を酷使する原因になります。

ストレス

ストレスは万病の元、ストレスで血流が悪くなり、肝臓へ送られる血流が少なくなったり、血圧が上がって、肝臓に負担をかけたりなど、様々な面から悪影響があります。

寝不足

普段肝臓を酷使していても、夜寝ている間に肝臓の細胞が再生されます。

ところが寝不足だと細胞を再生するために必要な成長ホルモンの分泌が低下したり

起きている時間が長いことで、活動エネルギーを生産したり、老廃物を分解したりする割合が多くなり、肝臓が休むことが出来なくなって肝機能が低下することになります。

肝機能の低下している人

肝機能が低下している時の症状や兆候

・原因不明の倦怠感、脱力感、疲労感
・微熱が続く
・夜寝ているのに昼間眠い
・夜寝られない

・体重減少、食欲不振
・急にお酒に弱くなる、お酒がまずくなる
・肌荒れ、シミが増えた

さらには
・眼球や皮膚が黄色くなる
・脂肪便(白い便)
・尿(おしっこ)の色が茶色っぽい
・身体にかゆみが出てくる
・爪が白くなる
・手のひらが赤い
・鼻の先が赤くなる
・足がむくむ

などがあります。

胃が弱っている人

胃腸の機能低下によって汗が腐敗臭がする

胃腸が悪い人は、自覚症状が出ている人も多いと思います。

また、胃腸が悪くて腐敗臭がする人は、その前に口臭が腐敗臭のようになっていることが多いです。

胃の調子が悪いとなれば、胸焼けや、食欲がない、ご飯が美味しくない

最近運動不足だったり、仕事でずっとデスクワーク

ストレスで胃が痛んだりする。夜眠れないなど

胃腸の調子が良くないことはなんとなく分かると思います。

病院に行くほどではないけれど汗の臭さが気になる人の自分で出来る対策

糖尿病や高血糖の予備軍かもしれない人の予防法や対策

適度な運動

やはり、高血糖や糖尿病予防にはウォーキングや体操などの軽い運動が1番です。

運動によって糖分が筋肉に運ばれ、エネルギーとして使われますから、血糖値が下がりますし、血糖値が上がりにくい体質にもなります。

食事をしている人

食事の食べ方

食事の食べ方一つで、高血糖をかなり防ぐことが出来、高血糖を防ぐ一番簡単な方法かもしれません。

野菜などのカロリーの低い物から食べ始める

食事の食べ始めには、まずは野菜などのカロリーの低い物から食べ始めます。

口を動かしたり胃に何か物が入れば、人間の身体は食べた物を消化しようとして膵臓から糖分を分解するためのインスリンが分泌し始めます。

ところが、炭水化物などの糖分の元がまだ身体の中に入ってないので、血糖値の上昇はゆっくりになります。

一方、インスリンはどんどん分泌されますから、後から炭水化物などが身体に入ってきても、余裕を持って分解することが出来るというわけです。

ゆっくり食事を食べる

一気に食べてしまって、体内に食べ物が入ってしまうと、急激に血糖値が上がってしまいますが、インスリンの分解が追いつかず、高血糖状態になってしまいます。

また、膵臓は急激な血糖値の上昇に対応するために、インスリンを急速に出そうとして無理をしますから、そのようなことがずっと続くと膵臓のインスリンを出す力が低下してしまい、糖尿病になる原因にもなってしまいます。

ゆっくり食事を食べるだけで、血糖値の上昇が抑えられ、膵臓を保護するだけでなく体内の血糖値の急激な変動が抑えられます。

炭水化物の多い食べ物

炭水化物はなるべく少なく

ある程度の年齢になったらやはり炭水化物の摂取はひかえた方が高血糖を防止することになります。

忙しいからと、昼食にそばやラーメン、うどんだけというのは好ましくありません

やむを得ない場合にも、野菜サラダを一品加えて、最初に食べるなどして、血糖値の急上昇を抑えるようにします。

肝機能が衰えて汗が臭い人の対策

お酒を控える

肝機能が弱っていると言えば、お酒の飲み過ぎが一番に浮かびますね。

汗が臭くなっているくらい肝機能が弱っているのであれば週1では追いつかないかもしれません

週1休みで肝臓を休ませて、更に週1休んで肝機能を回復させるということで週2回ぐらいは休肝日を設けましょう。

もちろん大量に飲酒している場合は、お酒の量も減らした方が良いです。

お酒を飲んでいる人

規則正しい食事と腹八分目

食事が不規則になると、突然の、どか食いなどで肝臓を疲れさせ、また、食べ過ぎは過剰な栄養をため込んだり、老廃物が増加して肝臓への負担が増加します。

規則正しく、一定の間隔で肝臓が働けるよう、また、無駄に働くことがないよう、腹八分目の食事に心掛けます。

良質なタンパク質を摂る

タンパク質が不足すると痛んだ肝臓の修復がスムーズに行われませんから、良質なタンパク質を適度に摂取するように心掛けます。

脂肪の少ない大豆製品(豆乳や、豆腐など)や、肝機能を高めるビタミンB群を豊富に含んでいる豚肉などが効果的です。

便秘を解消する

便秘になると便と一緒に排出されるはずの老廃物が長らく腸内に留まり、体内に再吸収される結果

肝臓はこれらの老廃物を分解しなくてはならなくなり、負担が増える事になりますから、肝臓に余分な負担をかけないためにはスムーズに便が排出されることが大切です。

便秘を改善するためにはウォーキングや体操など軽い運動も効果的ですが

便の半分は実は腸内細菌の死骸です。

腸内細菌を増やす為には腸内細菌のエサとなる、野菜など繊維を多く含む食べ物を多めに食べるようにするほか、ヨーグルトなどの乳製品は腸内細菌を増やすばかりでなく、腸の活動を活発にする効果も有ります。

また、乳製品によって乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすことで、肝臓に負担をかける有害物質をはき出している悪玉菌を減らすことにもなります。

ストレスをため込んでいる人

ストレスをためない

ストレスをためないと言っても、簡単に解消出来ないからストレスなんですが、(>_<)

・細かいことに余りくよくよしない
・たまには楽しい事をぱあーっとやってストレスを発散する。
・ゆっくりお風呂につかる
・テレビでお笑い番組などを見る(意図的に大笑いする)
・趣味のことに没頭する

など、なるべくストレスをためない工夫をしましょう。

ストレスたまると血流が少なくなって肝臓へ行く栄養分や酸素も減少します。

薬はなるべくひかえる

体調が悪くなるとすぐに薬に頼ってしまう人がいますが、基本的に薬は肝臓にとって毒と同じ物です。

体内に薬物が入ってくれば、すぐさま「解毒」を始めます。

薬は結構強力な「毒物」で肝臓への負担も大きいですから、不必要な薬を念の為とか、早めにとかいって飲むことはひかえた方が良いと思います。

よもやま話

風邪を引いた時、熱が出たり、咳をしたり、のどが痛くなったりしますが、あれは身体の防御反応で、

体温を上げる:ウイルスの増殖や活動を抑える
咳をする:風邪のウイルスを体外に排出する

などの、理由があります。

ただし、熱が上がりすぎたり、咳が酷かったりすれば体力が奪われ、回復が遅れるので風邪薬などでこれらの反応を抑えようとするものなのですが、

逆に、風邪の引き始めに早めに風邪薬を飲むというのは、本来の身体の防衛反応を抑えてウイルスの繁殖を活発にさせるだけで、かえって風邪の治りを遅くしてしまう場合があります。

風邪を引いている人と薬

よもやま話2

肝臓の働きとしての優先度は

アルコールの分解
→薬や毒物などの分解
→体内の老廃物の分解
→体内に入った栄養分などを分解してグリコーゲンなどの細胞が使える形にする。

ですから、お酒を飲んだ時に一緒に薬を飲んでしまうと、アルコールの分解が最優先で行われて、薬の分解(解毒)は後回しにされますので、薬が効きすぎて危険な状態になる場合があります。

また、同じように、たくさんお酒を飲むとアルコールの分解に力を取られて、栄養素の分解が出来なくなって、細胞へ行くべき栄養分が不足することで

お酒を飲んだ翌日は身体が重いなどという症状が出てきます。

禁煙

禁煙する

タバコの煙の中には様々な毒素が混ざっています。

特にお酒を分解した時出来るアセトアルデヒドもタバコの煙に含まれていますから、これらの解毒のために肝臓はパワーを吸い取られる上に

喫煙している時には一酸化炭素などの血中濃度が高くなり。酸素不足などによっても肝臓にダメージがあります。

胃腸の調子が悪くて卵が腐ったような臭いの汗が出る場合

これも、高血糖や肝機能低下の場合と同じような物ですが

規則正しい食生活をする

不規則な生活は胃腸の働きを弱めます。

・決まった時間に食事を摂る
・間食はなるべくひかえる(胃腸が空になる時間を作る)
・食事は腹八分目
・寝る2時間前までには食事を終える(寝る前に食べない)
・暴飲暴食をひかえる

腸内の善玉菌と悪玉菌

善玉菌を増やす

善玉菌が増えて悪玉菌が増えれば腸の働きも活発になります。

・腸内細菌のエサとなる繊維の多い野菜などをしっかり食べる。
・ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物を食べる。

適度な運動

身体を動かすことで胃腸に刺激を与え働きを良くします。

ウォーキングをしている人

ストレスを減らす

前にも解説したとおりストレスは万病の元です。

明日また課長に怒られるかと思うと胃がきりきりと痛むなんてことが有るように、ストレスで胃腸の働きが悪くなりますから、ストレスはなるべく解消するようにしましょう。

適度な飲酒

お酒の飲み過ぎも胃を痛めます。特にアルコール度数の高いお酒を、グイグイ飲んでしまうと胃の表面を傷める原因になります。

お酒を飲む時は必ずつまみと一緒に、なるべくお酒を薄くして飲むようにしましょう。

まとめ

清潔にしているのに独特な汗の臭いが気になる時は、もしかしたら身体のどこかに異変があるのかもしれません

気になる時は、糖尿病や肝機能の低下、あるいは胃腸の不調や生活習慣の乱れが原因かもしれません

それぞれ、身体に不具合がある場合は、別の所にもそれなりの兆候が現れているはずですから、チェックしてみましょう。

明らかに心配な状況ならすぐにでも病院に行って診察を受ける必要がありますが、健康診断などの結果からある程度予想出来る場合などは、毎日の生活習慣を改めるだけでも改善することが出来ます。

そして生活習慣を改めることで、汗の臭いを改善するだけでなく、健康な身体を取り戻すことにもなると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です