飲む日焼け止めって一体どういうものなの、副作用はないの?効果は?

最近、飲む日よけ止めが話題になっています。

飲む日よけ止めって、一体どういうものなんでしょう、

サプリのように飲むだけで日焼けしないのでしょうか

サプリみたいなものを飲むだけで、日焼けしないというのも何か不思議な気がします。

だって、日焼けって太陽に皮膚が照らされて黒くなるものなのに、何か飲むだけで日焼けしないっていうのも怪しげです。

効果があるにしても、何か副作用とかないのでしょうか

そして、そもそも飲む日焼け止めって効果はあるのでしょうか

スポンサードリンク

飲む日焼け止めって一体全体どういうものなのでしょうか

海外では以前から飲む日よけ止めサプリが流行っていたようですが、日本でも昨年辺りから、飲む日よけ止めが話題になって、一般に認知されるようになってきました。

この飲む日よけ止めサプリの成分としては、主に2種類あります。

日よけ止めサプリの原料になるシダ

主要な日よけ止めの成分は2種類

主要な日よけ止めのための成分には主に2種類あり
・PLエキス(FernBlockと表記している場合もあり)

・ニュートロックスサン

の2種類が主流となっています。

PLエキスとは

PLとはPolypodium Leucotomos(ポリポディウム リュウコトモス)の略で

中央アメリカのホンジュラス原産のシダ植物で、古代マヤ人が血液をキレイにする薬草として飲んでいた植物

この抽出物がPLエキスと呼ばれるものです。

PLエキスについてはFernBlockと表記している場合もあり

「ヘリオケア」(海外では飲む日焼け止めの定番として有名)などでは主成分としてFernBlockと記載されています。

太陽光対策、抗炎症作用などがあり、各種の研究でも副作用の無い安全な経口光防御剤として認知されています。

ローズマリー

ニュートロックスサンとは

シトラス果実とローズマリーから抽出し、特定の配分で配合した天然のポリフェノールで、抗酸化作用などの力で日焼けしにくくなる効果が期待できるということです。

シトラスやローズマリーは化粧品や各種製品の香料などにも使われている成分で、おなじみの植物由来の成分ですが、この二つを組み合わせることで

日焼けを押さえてくれるなんて不思議な気がします。

飲む日焼け止めサプリに含まれているその他の成分

日本で販売されている飲む日よけ止めサプリにはこの他に

リコピン、ルテイン、ビタミンC、E、D、βカロテン、クロセチンなどおなじみの抗酸化成分が適宜配合されているようです。

メインの日よけ止め成分に加えて、これらの抗酸化作用のある成分を配合することで、PLエキスやニュートロックスサンの効果を更に効果的なものにするようバックアップ成分として配合されています。

海岸で日焼けしている人びと

飲む日よけ止めサプリのメリット

飲むだけで良いのでお手軽

サプリメントですから、飲むだけでOK

面倒な事は何もありません

全身に効果がある

当たり前ですが、日よけ止めサプリを飲むだけで全身に効果があります。

これが日よけ止めクリームだと全身くまなく塗りたくる必要があるのですが、結構塗り残しがあったり、塗りむらがあったりしますが、そういう心配は一切いりません

着ている服が薄手だったりすると意外と紫外線が入り込んでしまって日焼けしてしまうということも気にしなくて良くなります。

また目の周りや口の周りなど日よけ止めクリームの塗りにくい場所などにも効果があります。

スポンサードリンク

べたべたしない

日よけ止めクリームだとべたべたして、気になる場合があるというか、服の中とかにはなかなか塗りにくい場合もありますが、サプリならそういうこともありません

汗をかいても塗り直しがいらない

日よけ止めクリームだと汗をかいて流れてしまうというようなことがありますが、飲む日よけ止めですから、当然そういうことは気にする必要が無くなります。

海やプールで水の中に入っても洗い流されるということが無いので安心です。

ただし注意するのは、飲む日よけ止めサプリの効果は2~4時間(サプリによって異なる)くらいのものが多いですから、長時間太陽にさらされるような場合は途中で、サプリを追加して飲む必要がある場合があります。
(継続しての使用は問題ありません)

日焼けしやすい夏のファッション

皮膚の病気やダメージを抑える

直射日光をもろに浴びることで皮膚ガンになったり、そこまで行かなくても日焼けで赤くなってヒリヒリしたり、皮膚にダメージを受けるような事に対してもある程度予防効果が期待できます。

飲む日よけ止めには副作用の心配は無いのでしょうか

飲む日焼け止めについては海外でも副作用の研究がなされていますが、副作用が出たという報告はありません。

自然の植物由来の成分ですから、まれにアレルギー反応が出る可能性が無いとは言えませんが、あまり聞いたことがありません。

なお、人間の日焼けという正常な働き?を止めるという効能から、乳幼児や胎児への影響が、絶対無いとは言い切れないので

妊産婦や4歳以下の幼児には念の為、使わないような指導がなされています。

飲む日よけ止めは本当に効果があるのでしょうか

個人差はありますが、飲む日よけ止めには一定の効果があります。

ただし、あくまで日よけを押さえるという効果ですから

日よけ止めサプリを飲んだからといって、真夏の海岸で、日よけもせずに水着のままで直射日光を浴びてなんともないかというと

多分それは、かなりまずいと思います<(_ _)>

海辺で直射日光に当たっている人々

飲む日よけ止めの使い方としては、

あまり直射日光を浴びないような場所であれば、サプリだけでも良いでしょうが

直射日光をまともに受けるような場所で過ごすということであれば、日よけ止めクリームなどと併用した方が良いでしょう。

飲む日よけ止めの注意書きにもそのように書いてあると思います。

ちょっとだけ日差しが気になるときには飲む日よけ止めだけで対応

日焼けする可能性があるところでは、しっかり日焼け止めを塗った上で、バックアップや相乗効果を狙ってサプリも合わせて使うという感じになると思います。

まとめ

飲む日よけ止めなんて言うと、これまで無かった物ですから、そんな便利な物ホントにあるのという気がしないでも無いですが

飲む日よけ止めサプリはそれなりに効果があるようです。

ただし、サプリだけを過信しないで、通常の日よけ止め対策をした上で、さらに飲む日よけ止めサプリを使う事で、

気が付いたら日に焼けてしまっていたとか、部分的に焼けてしまったというような失敗が無くなると思います。

★Amazonで飲む日焼け止めを見てみる★

★楽天で飲む日焼け止めを見てみる★

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です