ノンシリコンシャンプーを使うと髪がキシキシするのはどうしてなの

ノンシリコンシャンプーを使って髪がキシキシしませんか

髪がキシキシすると、髪を傷めそうだけど、シリコンは髪や頭皮に悪いという話も聞くので、それでもやはりノンシリコンシャンプーが良いのでしょうか

今回はそもそもなぜシャンプーにシリコンが入っているのか、

なぜノンシリコンシャンプーなるものが登場したのか

そして、本物のノンシリコンシャンプーとはどういうものなのかについて説明します。

スポンサードリンク

そもそもなぜシャンプーにはシリコンが入っているのか

そもそもなぜ普通のシャンプーにはシリコンが入っているのでしょうか

それは、ごく一般に販売されているシャンプー、ホームセンターやドラッグストアで売られている、よくテレビなどで宣伝しているメジャーなシャンプーは、ほぼ全て「高級アルコール系」の洗浄成分を使っています。

一般に販売されているメジャーなシャンプー

この高級アルコール系の洗浄成分は、非常に高性能?で、髪や頭皮に付いている皮脂を洗いざらい洗い流してくれます。

洗い流してくれるのは良いのですが、髪についている皮脂をすっかり洗い流してしまいますから、髪をコーティングしている成分が何も無くなった状態になってしまいます。

そうなると髪はどういう状態になるかというと

要は、綿のロープを濡らしてからましたような状態になりますから、髪どおしがからまったり、こすれあったりしてキシキシします。

さらに、髪を乾かすと、髪には脂分が全く無い状態ですから、バサバサの状態になってしまいます。

まあ、半日か1日くらいほっておけば、頭皮から皮脂成分が分泌されて元に戻るんですが、それじゃあまずいですよね。

ということで、普通のシャンプーには髪のコーティング剤としてシリコンが入っています。

シリコンは医療用品や化粧品にも広く使われている人畜無害で安心安全な成分です。

でもなぜかシリコンは髪や頭皮に悪いという風説がまかり通っています。

毛穴に詰まって頭皮を傷めるのなら、シリコンが入っている化粧品の方が、いつもお肌に塗りつけているのですから、もっとお肌に悪いはずです。

シリコンでコーティングされたところを顕微鏡で見ると、実際は気の図のように粗いネットでおおったような状態ですからパーマ剤やカラーリング剤が浸透しにくいという話しも、ちょっと眉唾です。

髪をコーティングしているシリコンのイメージ図
髪をコーティングしているシリコンのイメージ図

ですから一般に販売されている「高級アルコール家」の洗浄成分を使っているシャンプーには、シリコンを入れておかないと髪が傷むし

シリコンが入っているから髪に悪影響が有ると言うこともほとんどありません。

「ほとんど」悪影響がないというのは、髪にシリコンがつくことで多少髪が重くなってしまって、ハリコシが微妙に悪くなる可能性はあるという意味です。

アミノ酸シャンプーにはシリコンが必要ないので入っていません

では市販されているシャンプーには必ずシリコンを入れなくてはならないのかというとそうではありません

アミノ酸系シャンプーにはシリコンは入っていません

サロンシャンプーとか高級シャンプーと呼ばれる「アミノ酸系」の洗浄成分を使っているシャンプーにはシリコンは入っていません

どうしてかというと

高級アルコール系の洗浄成分を使っているシャンプーは洗浄力が強力な分、髪や頭皮への刺激が強く、傷めてしまう原因になることから

洗浄力を弱くして、頭皮や髪への刺激を弱め、さらに適度に皮脂成分を残すように作られたのがアミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーでは、適度の脂分が残っているため、洗っている最中に髪がキシキシすることもなければ乾かした後も髪がバサバサする事もありません

アミノ酸系シャンプーはわざわざシリコンで髪をコーティングする必要がないのですから、当然、シリコンを配合する必要も無く、ノンシリコンシャンプーとなります。

スポンサードリンク

アミノ酸シャンプー

普通のシャンプーにシリコンが入っていなければキシキシします

一般に広く普及している普通のシャンプー=高級アルコール系のシャンプーにシリコンが配合されていなければ、当然これまで説明してきたように髪がキシキシするのは当然です。

なぜ普通のシャンプーをノンシリコンにするのか

なぜシリコンが髪や頭皮に悪いというような風説が広まったのかは謎ですが

いくつか理由を考えてみると

髪や頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーがノンシリコンだったから

美容室などでよく使われているアミノ酸シャンプーはノンシリコンです。

そして

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮への刺激が少ない→

アミノ酸シャンプーはノンシリコン→

シリコンは髪や頭皮に悪い

という連想が働いたのかもしれません

髪をシャンプーしている人

アミノ酸シャンプーを売っている人が広めた

アミノ酸シャンプーはノンシリコンですが結構、高価です。

そこでアミノ酸系のシャンプーを売っている人が、

シリコンは髪に良くない

○○シャンプー(アミノ酸系のシャンプー)はノンシリコン

という風に、宣伝したのかもしれません

セットで売られているコンディショナーにはシリコンたっぷり配合

シリコンは髪や頭皮に良くないという風評に乗っかった業者さんが、本来、シリコンを配合しなければならないはずの高級アルコール系シャンプーにシリコンを配合せずにノンシリコンシャンプーとして販売したのだと思いますが

洗うときには我慢するとしても、洗い上がった後、髪を乾かせば、バッサバッサになるのは目に見えていますから

セットで売られているコンディショナーなどにたっぷりシリコンを配合することで、洗い上がりの髪がしっとりしないという点をごまかすことが出来ます。

ということで、ノンシリコンシャンプーでもセットで売られているコンディショナーなどにはシリコンたっぷりということになります。

バサバサになった髪

最近はさほど髪がキシキシしないノンシリコンシャンプーも増えていますが

本物のアミノ酸シャンプーは別として、高級アルコール系の安価なノンシリコンシャンプーでも洗うときに髪がキシキシするものは少なくなってきました。

これはシリコンの代わりに別のコーティング剤を配合するようになったためで

結局化粧品にも使われるような安全で安価なシリコンを使っていない分、割高だったり

あるいはコーティングの効果
・・・髪質や髪の滑りが同等かシリコンより悪かったり

結局コーティング剤を使っているのなら同じ事じゃないのという状態になっています。

ノンシリコンのコンディショナーもありますが

ノンシリコンシャンプーを使っていても、コンディショナーにたっぷりシリコンが入っていたら意味ないじゃない(前述したとおり)

ということは、当然誰もが思いつくことで、最近はノンシリコンのコンディショナーも増えてきました。

お察しの通り、ノンシリコンといってもシリコンに代わるコーティング剤が入っているだけで

どうしてもシリコンが嫌だという人はノンシリコンにしても良いのですが

そもそも、シリコンは昔から使われている安定したコーティング剤ですから、新規に開発されたコーティング剤がシリコンより安全だという保証はどこにもありません

まとめ

ノンシリコンシャンプーで髪がキシキシするのは、多分、安価な高級アルコール系のシャンプーから無理矢理シリコンを抜いただけのものの可能性があります。

どうしてもシリコンが嫌なら、多少値は張りますがアミノ酸系のシャンプーにしましょう

単にノンシリコンとうたっている安価なノンシリコンシャンプーは、何の効果もありません

というよりは場合によっては髪を傷めてしまう可能性すらあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です