抜け毛が気になるなら知っておきたいシャンプーのウソと真実

抜け毛が気になるのは特にシャンプーの後

髪を洗った後、お風呂の床に抜けた髪の毛がごそっと落ちていると、ドキッとするものです。

となると気になるのがシャンプー

髪の毛が抜けるのはもしかして、髪に良くないシャンプーを使っているせいなのでしょうか

抜け毛が気になるなら知っておきたいシャンプーの種類と選び方

そして、シャンプー界には結構ウソの情報がまん延しています。

本当はどうなのか、その真実と抜け毛を防ぐためのシャンプーの選び方について解説していきます。

スポンサードリンク

抜け毛を防ぎたい人のためのシャンプーの種類と選び方

抜け毛にも色々な原因があって、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなど様々な物が考えられますが

頭皮ケアがおろそかになったり、特に間違ったシャンプーの使い方をしていると毛穴やあるいは毛髪そのものに悪影響を及ぼすことがあります。

そこで、今回は抜け毛を防ぎたい人のためのシャンプーの種類や選び方について解説していきます。

髪を洗っている女性

シャンプーの種類は大きく分けて3種類

シャンプーにも色々な分け方がありますが、洗浄成分によって大きく3つに分けられます。

・高級アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系

高級アルコール系シャンプー

「高級」というとなにか高級そうな感じがしますが、単に化学分類上「高級アルコール」となっているだけで

化学式で表されている成分のうち炭素成分が少ないか多いかで低級アルコールあるいは高級アルコールに分類されています。

実際は高級アルコール系の洗浄成分は安価で、ホームセンターやドラッグストアで販売されているシャンプーのほとんどはこの高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。

あなたがシャンプーに特にこだわりがなく、テレビCMなどのイメージでシャンプーを選んでいるとすれば、かなりの確率で普段お使いのシャンプーは、この高級アルコール系のシャンプーだと思います。

値段が安く(ほとんどは1,000円以下)洗浄力が優れているのが特徴です。

というと、優れたシャンプーのように思われるかもしれませんが、洗浄力が強いということは

・頭皮や髪への刺激が強い
・皮脂成分をすっかり洗い流してしまうので、コンディショナーなどで髪に脂分を補ったり、コーテイングする必要がある。

などのデメリットがあります。

石鹸

石鹸系シャンプー

石鹸系は文字通り石鹸をシャンプーにしたものです。

石鹸は人類が有史以来使用しているもので、アレルギー反応などが起こりにくいとされ

アトピーなど、皮膚にトラブルを抱えている人に愛用者が多いです。

また、排水溝に流しても自然分解されるため、環境にも若干、優しいといわれています。

一方、石鹸系シャンプーは洗浄力が強いのは高級アルコール系と同じで

さらに、石鹸はアルカリ性なので、シャンプーしている時には髪のキューティクルが逆立ち、松ぼっくりのような状態になり

キシキシ、ごわごわします。

このためシャンプーの後は酸性のお酢やクエン酸、あるいは専用のリンスでアルカリ性を中和する必要があります。

注:人間の皮膚や髪は細菌などから身体を守るために弱酸性になっています。

結局、石鹸系シャンプーは脱脂力が強く刺激も強いので、髪自体にはあまり優しくないのですが、使い慣れている分、頭皮などへの悪影響はあまりありません。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで頭皮や髪に対する刺激が少なく、抜け毛予防には他の洗浄成分より優れていると思います。

ただし、洗浄力がマイルドな分、皮脂をさっぱり洗い上げたいという人には、物足りない感じがしますし

1番のネックは、価格が高いことです。

最近は安価な添加物などを使った1,000円程度の市販品も、出回るようになってきていますが、

一般的には美容院や通販で取り扱っている場合が多く、値段も3,000円程度することが多いです。

もっとも、もともとの値段が高いために、付加価値を付けるために育毛成分や、頭皮ケアのための成分が配合されていることも多く、この点でも抜け毛予防には効果が期待できます。

それから、アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで、頭皮や髪の皮脂を取り過ぎることがないので、コンディショナーなどで髪をコーティングする必要はありません。

高級アルコール系のシャンプーの場合、皮脂を取り過ぎるため、それをカバーするためにコンディショナーなどを使うようになったのですが

一般的に、シャンプーの後にコンディショナーなどを使うのがあたりまえの様な習慣が出来てしまったことから

アミノ酸系のシャンプーにも抱き合わせでコンディショナーをセットで販売している製品もありますが、本来不要のもので

コンディショナーがいらない点を考慮すれば、アミノ酸系のシャンプーは実質的には、半額程度の値段と考えて、高級アルコール系のシャンプーと比較しても良いと思います。

シャンプーの泡

市販シャンプーの大部分は高級アルコール系

テレビなどで宣伝していて、ホームセンターやドラッグストアのシャンプーの棚に並んでいるものは、ほとんどが高級アルコール系のシャンプーです。

原料が安価で、洗浄力が優れているため、大量生産品はどうしてもこの系統になってしまいます。

逆に、アミノ酸系は原料が高価で、そこそこの値段がするために、大量生産してもなかなか売れず、売れ残ってしまうことから、

どうしても少量生産になり、さらに値段が高めになってしまうということになりがちです。

このため、前にも述べたとおり、育毛成分や、頭皮環境改善などの成分を配合して、美容室や通信販売により「高級シャンプー」として販売されることが多くなっています。

一般の流通ルートには乗りにくく、ホームセンターやドラッグストアなどで販売されることは少なくなっています。

注:最近はアミノ酸系のシャンプーの良さが少しずつ認知されてきていて、製品コンセプトを絞って1,000円程度で市販されているアミノ酸系シャンプーもちらほら出てくるようになりました。

疑いの目で見ている人

知らないと抜け毛に拍車、シャンプー界にはびこるウソと真実

シャンプーに関する話を聞いていると、どう考えても眉唾物がかなり出回っています。

この辺りを正しく理解しておかないと、いたずらに恐怖感を煽って、特定のシャンプーを宣伝しようとしていたりるのに惑わされたり、

髪を痛めつけるようなシャンプーを選んでしまったりすることがあります。

そこで、シャンプー界にはびこるウソと真実について、これだけは知っておいてほしいものについて解説します。

1401824

石油系洗浄成分を使っているシャンプーは使うなはウソ

シャンプーに関するサイトなどを見ていると多くのサイトで石油系の洗浄成分を使っているシャンプーは、髪や頭皮にとんでもないダメージを与えるから使っちゃいけないと書いてあります。

ところが、シャンプーの洗浄成分に石油系洗浄剤を使っているシャンプーなど存在しません。

もしかしたら、数十年前にシャンプーが出始めたころにそのようなものがあったのかもしれませんが、私は見たことがありません。

色々調べて見ても、全くそのような製品は見当たりません

強いて言うならば衣料用洗剤に石油系と言われる合成洗浄剤が使われていますが、衣料用ですら、最近は身体への影響を考えてあまり使われなくなってきています。

では、いったいこの石油系のシャンプーとは何なのでしょう

本当に石油系なるシャンプーが存在していると思い込んでいる人もいますが

高級アルコール系のシャンプーを石油系のシャンプーと称している場合も多数見受けられます。

これには理解の仕方が3つあって

・高級アルコール系のシャンプー=石油系だと思い込んでいる場合

・異なるものだと分かっていて、あえて恐怖感を煽って、自分の宣伝している製品を売り込もうとしている場合

・異なるものだと分かっているが、世の中の理解が高級アルコール系=石油系なのでやむなくそういう表現をしている場合

1401825

でも、厳密には違います。

あるいは、そうは言っても高級アルコール系は石油を原料にしているし

と思っている人がいるかも知れません

所が、現在日本で使われてるシャンプーのほぼ全ては植物油を原料にしています。

そうです、ぜーんぶ植物由来、ボタニカルなのです。

1401952

というと、少し詳しい人だと

「でも、以前は石油を原料にしていたんじゃない?」
という疑問がでてくるかもしれません

確かに以前は、石油を原料にしていた時代もありましたが、皆さんの健康意識が高まって、石油が原料だと、全然売れない

ということで、今ではほぼ全てのシャンプーや石鹸などは植物油が原料になっています。

たくさんのシャンプー会社があっても、洗浄剤などの基本材料を供給しているのは数社です。

流通経路で供給される原料のほとんどが植物由来のものに変わってしまって、石油由来の原料を手に入れること自体が難しくなっているのに、あえて不人気な石油系を使うところなどまずあり得ません

cf190_l

ここで、さらに
「そうは言っても石油から作る事が出来るんなら危険なんじゃない」
などという突っ込みもでてくるかもしれませんが

それを言うなら

石鹸も、アミノ酸系洗浄成分もみんな石油から作れますし、昔は一部の石鹸が石油から作られていたこともあります。

石鹸は昔から天然油脂を使用して製造されていたので、製造工程や原料の流通機構をあえて変更する必要も無く、天然油脂を使うのが常識だったというだけなのです。

ですから「石油系は危険」とか主張しているサイトなどの場合

文章を書いている人がシャンプーについてあまりよく分かっていないか、恐怖を煽って自分の宣伝しているシャンプーを売り込もうとしている可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

よく分かっている人が書いているサイト、良心的なサイトであれば、はっきりと「高級アルコール系の洗浄成分」と書いてあるはずです。

cf123_l

合成界面活性剤は頭皮に悪影響はウソ

これも言語的には意味不明のフレーズです。

界面活性剤とは油と水を混ぜ合わせやすくする性質を持っている成分で、これがあるから皮脂(油)とお風呂のお湯やシャワー(水)が混ざり合って、洗い流しやすくなります。

ですから、界面活性剤が配合されていないシャンプーというものは存在しません

そういうと、今度は界面活性剤は良いけど、合成界面活性剤は良くないと言い出す人がいます。

では合成界面活性剤でなければ良いのでしょうか

でも、世の中にある天然由来の界面活性剤というと

例えば「米ぬか」

因みに米ぬかの主成分はアミノ酸なんですが

米ぬかで髪洗えと言うんかい(T_T)

ということになります。

いや、石鹸があるという人もいるかも知れませんが

石鹸は油脂と苛性ソーダなどを混ぜ合わせて化学合成して作るものです。

厳密には化学合成品です。

「いや、石鹸は天然成分だ」
と言い張る人もいます。

仮にそうだとしても、石鹸より合成界面活性剤であるアミノ酸系の洗浄成分の方が髪や頭皮に対する刺激は確実にやさしいです。

1401826

シャンプーに配合されているシリコンは髪や頭皮を傷めるはウソ

シリコンは医薬品や化粧品にも含まれる人畜無害な優れたコーティング剤です。

また、髪をコーティングしているシリコンはものすごく粗い網の目状に広がっていますから、カラーリングやパーマがかかりにくくなるという話も、実際の所、ほとんど影響がないと言っても良いと思います。

シリコンが一般のシャンプー=高級アルコール系のシャンプーが洗浄力が強力で

髪に含まれている皮脂を根こそぎ洗い流してしまい、バサバサになってしまうので、

これをカバーする必要があり、髪をコーティングするために配合されているものです。

スポンサードリンク

前にも説明したとおり、皮脂を適度に残してくれるアミノ酸系のシャンプーであれば、髪をシリコンでコーティングしないでも、髪に脂分が適度に残ってるのでキシキシしませんし

さらにコンディショナーなどでシリコンを追加する必要もありません。

ですから、高級シャンプーと言われるアミノ酸系シャンプーは当然シリコンは配合されていません

つまりノンシリコンシャンプーです。

でも、これが一人歩きしてノンシリコンシャンプー=髪や頭皮に良いシャンプーという誤った知識が広がった結果

高級アルコール系シャンプー=シリコンを配合しておかないと皮脂がなくなって髪がキシキシするシャンプーにまでノンシリコンシャンプーというものが現れてきました。

高級アルコール系なのにシリコンが配合されていないシャンプーで髪を洗えば

当然脂分が足りなくなり、シャンプーしている間中、髪をギシギシこすり合わせて髪を傷めてしまい抜け毛に拍車がかかるという悲惨な結果になってしまいます。

そして、恐るべきはこのようなノンシリコンシャンプーには当然のごとくセットでコンディショナーが付いていて、

もちろん、こちらのコンディショナーには髪をコーティングするための「シリコン」がしこたま配合されているということになります。

ノンシリコンの意味ないじゃん(>_<)

こういうこと知らないと、良かれと思って選んだシャンプーでますます抜け毛が増量という事になってしまいます。

1401786

抜け毛を防ぎたいならアミノ酸系シャンプー、その選び方は

これまで説明してきたとおり、抜け毛が気になり、シャンプーを何とかしたいと考えているのなら、アミノ酸系のシャンプーが、1番良いと思います。

ただし、値段が高いのでふところとの相談になると思いますが、コンディショナーがいらないことを考えれば、実質的な値段は半額程度です。

そこで、抜け毛を防ぐためには多少の出費はいとわない

アミノ酸系のシャンプーに変えよう

そう思う人のためにアミノ酸系シャンプーを選ぶ時の選び方、ポイントについて解説します。

髪をシャンプーしてもらっている人

泡立ち

アミノ酸系シャンプーの本質はアミノ酸だということです。

昔、シャンプーがなかった江戸時代の頃の人は米ぬか(=アミノ酸)などを使って髪を洗っていました。
(米ぬかで洗ってもぬるぬるするだけで泡は出ません)

そして、アミノ酸系の洗浄剤は泡立ちがよくありません

刺激の強い高級アルコール系の洗浄剤は泡立ちがよく、モコモコと泡が出てきますし、シャンプーした後は皮脂がすっかり洗い流されてさっぱり(^^;)します。

多くの人はこの感覚に慣れていて、逆にアミノ酸系のシャンプーを使うと、この点で、ものすごく物足りなく感じると思います。

しっかりとアミノ酸系の洗浄成分が配合された、高級シャンプーの口コミなどを見ていると

「泡立ちが悪い」

という口コミ、コメントがものすごく多いです。

1401920

でも、それがアミノ酸系の洗浄成分の特徴ですし、あえて洗浄力をマイルドにしているのもアミノ酸系の特徴、メリットです。

そもそも泡立ちが良いから汚れがよく落ちるとは限りません

注:ただし同じ洗浄成分であれば良く泡立てた方が汚れは落ちます。

また、泡立ちを良くしようと思えば発泡剤と呼ばれる、洗浄力や刺激の強い成分を多めに配合すれば泡立ちをよくすることは可能ですが

髪や頭皮への刺激を最大限考慮した、良心的なアミノ酸シャンプーには、発泡剤の配合は最小限になっているのが普通で

アミノ酸シャンプーなのに妙に泡立ちが良い製品は

発泡剤を多めに配合しているか

あるいは

もしかしたら、高級アルコール系の洗浄成分にごく少量のアミノ酸系洗浄成分を配合しただけの「アミノ酸配合」シャンプーとよばれるものかもしれません

a14997

コンディショナーは不要

これまでも説明してきましたが、高級アルコール系のシャンプーは、髪の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうのでコンディショナー(シリコン)で髪をコーティングする必要があります。

そして、シャンプーの後はコンディショナーで髪を整えるのがあたりまえの習慣になっている人も多いですが

アミノ酸系のちゃんとしたシャンプーを使っていれば、コンディショナーは不要です。

もちろん、これまで高級アルコール系のシャンプーを使っていて髪がバサバサだとか

生活習慣や髪の酷使で、そのままではちょっと問題ありという人が、シャンプーの後の脂分の補給という意味ではなく、もともとダメージを受けている髪の補修という意味で

コンディショナーとかトリートメントを使うのは有りです。

しかし、アミノ酸系のシャンプーなのにコンディショナーがセットで売られている場合

本当に正統派のアミノ酸シャンプーなのか疑ってみる必要があり

仮に、本物のアミノ酸シャンプーであったとしても、抱き合わせで余計なものを売りつけるやり方に、販売会社の姿勢に疑問を抱かざるを得ません。

それに、アミノ酸シャンプーの育毛成分とか入ったちゃんとしたものだと3,000円くらいするのに、さらにそれにプラスして同じくらいの値段のコンディショナー購入するのって結構キツいですよね。

1401956

人工香料

人工香料って、人工の添加物ですから、頭皮や髪に良いことはありません。

もちろん厚生労働省の認可を得たものばかりですから気にするほどのことはないのですが

無添加シャンプーなどがもてはやされ、合成化合物がどうたらこうたらと大騒ぎする割には天然の香料などを使っている「香りの少ない」シャンプーを避ける人が多いようです。

化粧品など、製品の性能、効能以上に、香りなどが選択の際の重要な要素になっているといわれていますから、良い香りがする方が気持ちは良いのかも知れませんが

はっきり言って人工香料の刺激の強い香りでないと、臭いを感じられなくなっている人も多いです。

多少なりとも頭皮や髪によりよいものを選ぶのなら、人工香料不使用の製品を選んでみても良いと思います。

1401889

どうせならしっかり育毛成分が配合されたものを選ぶ

アミノ酸シャンプーは値段が高いです。

もともとの原料の値段が高いせいで、価格が高止まりしていて、それが原因で一般の販売ルートに乗らない

ということで、美容院や通信販売で売られることが多く

さらに、販売に当たって付加価値を付けるために育毛成分が配合されている製品も結構あります。

抜け毛が気になってアミノ酸シャンプーを選ぶのであれば、当然、余計な成分が入っている中途半端な製品より、しっかりと育毛成分を重点に配合した製品を選ぶようにしましょう。

最近はアミノ酸シャンプーの良さが広がり安価な(といっても1,000円程度以上)製品も出回るようになってきましたから

次善の策として、高級アルコール系のシャンプーを選ぶくらいならアミノ酸シャンプーを選んだ方が良いと思いますが

安価な洗浄成分を使っていたり、発泡剤を多めに配合していたり、それなりに手を抜いて?いますから、購入に当たっては十分成分などを確かめてから購入した方が良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーで髪を洗う時の注意(洗い方)

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドな分、正しい手順で、しっかり洗う必要があります・

アミノ酸シャンプーで髪を洗う手順としては

髪にブラッシングしている人

髪を洗う前にはブラッシングを

アミノ酸シャンプーで髪を洗う場合、シャンプーをする前に髪をブラッシングして、ホコリを落とすと共に、髪についた汚れを浮き上がらせておきます。

事前にブラッシングしておくことで、マイルドな洗浄力でも汚れをしっかり落とすことが出来ます。

シャンプーを付ける前にしっかりお湯で髪を洗う

お湯で髪を洗うだけでもかなり汚れは洗い流されます。

次の項でも説明しますが、お湯だけで髪を洗う「お湯シャン」というものも流行っていて、お湯シャンだけで済ます人も結構います。

また、シャンプーを付ける前に髪を濡らしておくことで、シャンプー剤が髪になじみやすく、貴重なシャンプーを無駄にしないので、少量のシャンプー剤を付けるだけで髪を洗うことが出来ます。

時間的には2、3分を目安にします。

1401920

シャンプーを手のひらでよく泡立たせてから髪に付ける

手のひらでシャンプー剤をよく泡立ててから髪に付けることで、シャンプー剤が無駄に流れたりせず、洗浄力も上がります。

貴重(高額?)なシャンプー剤ですから、なるべく節約して使うようにします(*^_^*)

頭皮をマッサージするように洗う

シャンプーで大切なのは頭皮をしっかり洗うことです。

毛穴に詰まった皮脂をしっかり洗い出し、また頭皮をマッサージすることで毛根が活性化し、抜け毛予防にもなります。

シャンプーが終わった後もすぐに洗い流さない

シャンプーが終わった後も、2、3分放置して、しっかり汚れが洗浄成分に溶け出すのを待ちます。

特に、育毛成分などが配合されているシャンプーであればなおさらで、育毛成分が毛根に染み込むのを待ちます(^_^)v

髪を洗っている女性

すすぎはしっかり

アミノ酸シャンプーは髪や頭皮に優しいといっても、洗い残しがあれば、身体に良いことはありません

洗浄成分が残らないようしっかり洗い流します。

また、お湯でしっかり洗い流すことで、それなりに皮脂や汚れもさらに洗い流されることになります。

お湯シャンという方法もあります

日本人は毎日、シャンプーで髪を洗うのがあたりまえの様になっていますが

これって、もしかしてシャンプー会社の陰謀では?

とまでは言いませんが

特に高級アルコール系のシャンプーなどで毎日髪を洗っていると、髪や頭皮へのダメージははっきり言って、かなりあります。

若い時や頭皮の丈夫な人なら大したことはなくても

30代以降の人や皮膚があまり強くない人だと、結構、頭皮や髪にダメージを受けていて

トリートメントや、ヘアケア化粧品などで何とかカバーしているという人もかなりの割合に登っているのではないでしょうか

そういう実情に目覚めて、お湯だけで髪を洗ういわゆる「お湯シャン」をしている人が

有名芸能人を中心に増えています。

お湯だけで髪を洗うわけですから、ほとんど髪へのダメージがありません

まあ、究極の方法というわけです。

1401891

お湯だけで髪を洗っても、よほど脂性の人でなければ、髪がべとべとになるわけでもなく、臭いが気になるわけでもありません

あるいは、皮脂を徹底的に洗い流さないことで、頭皮からの脂分の分泌が減少するというメリットもあります。

注:脂漏症など、異常に頭皮から脂分が分泌する人の中には、洗浄力が強いシャンプーを使ってしっかり頭皮を洗いすぎて、頭皮が自己防衛というか過剰反応して脂分がさらに分泌されてしまうという場合も多いです。

実際にお湯シャンをやってみると、皆さんが思う以上に普通にシャンプーしたのと変わりは無いです。

ただし、かなり丁寧に洗わないと、次第に髪がごわごわしてきたりするので、定期的にシャンプーを使って髪を洗うという人もいます。

仕事柄お湯シャンだけではという人は1週間に1回とか、1日交替でシャンプーを使うという方法もあります。



まとめ

シャンプーには大きく分けて高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類のシャンプーがありますが

高級アルコール系は刺激が強く抜け毛に悪影響が考えられ

石鹸系も、使い方が難しい上に刺激という点では必ずしも万全ではなく

抜け毛が気になるなら、出来るならアミノ酸系のシャンプーを使いましょう

また、シャンプー界には、自分の宣伝しているシャンプーを購入させようと怪しげな情報が飛び交っています。

実際の所をよく知らないと、この怪しげな情報に振り回されて最悪、髪に悪影響のあるようなシャンプーを使う事になりまねません。

シャンプーの特性をよく知って、正しい方法で髪を洗えば、抜け毛への影響は最小限におさえられるだけでなく

頭皮環境を改善し、髪を豊かで健康に保つことも不可能ではありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です