アミノ酸シャンプーにコンディショナーはいらないって知ってましたか

アミノ酸シャンプーにコンディショナーがいらないと聞いて
「なんで?」
と思う人も多いでしょう。

今時シャンプーしたあと、リンスやコンディショナーで髪を整えるのは当たり前ですから

アミノ酸シャンプーにコンディショナーがいらないと聞いて

アミノ酸シャンプーって、何か特別の成分が入っていて、コンディショナーがいらないのかなと思う人もいるかも知れません

でも、アミノ酸シャンプーがどんな物か分かれば、そもそもコンディショナーなんていらないし、アミノ酸シャンプーなのにコンディショナーがセットで売られている製品も多いですから、知らないと無駄な物を購入して損する可能性もあります。

スポンサードリンク

そもそもアミノ酸シャンプーとは

シャンプーには大きく分けて3種類あります

シャンプーには大きく分けて

・高級アルコール系シャンプー

・石鹸系シャンプー

・アミノ酸系シャンプー

の3つの種類ががあります。

この違いはシャンプーの主成分である洗浄成分の違いから分類されています。

シャンプーしている女性

高級アルコール系シャンプー

テレビのCMなどで宣伝されていて、ホームセンターやドラッグストアなど、普段お店で目にするシャンプーのほとんどはこのタイプです。

洗浄力が強く、洗ったあともさっぱりするのですが、その分刺激が強く、髪に与えるダメージも大きいので、薄毛の人や、頭皮トラブルなどを抱えている人などには、高級アルコール系のシャンプーを避ける人も多いです。

高級アルコール系のシャンプーを石油系とか石油を原料にしているという人が多いのですが、シャンプーのことを知らないか、あるいは嘘を言っています。

シャンプーの原料のほとんどはヤシ油などの植物油が原料になっています(石油を原料にしているシャンプーは、調べたわけではないですが存在しないと思います)

人体への影響の大きい、いわゆる本当の石油系の洗浄成分を使っているのは、今時、衣料用でも少なくなっています。

高級アルコール系シャンプー

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは洗浄力が強くさっぱりした洗い上がりになります。

ですが、石鹸はアルカリ性、一方、髪や頭皮は弱酸性なので、刺激や髪へのダメージが強く、また、石鹸系のシャンプーで髪を洗うと髪の毛のキューティクルが逆立って、松ぼっくり状になってしまうため、洗った後は酸性のお酢や、専用のリンスで中和する必要があります。

ただし、石鹸はアレルギーなどを起こしにくいことから、アレルギー体質の人や頭皮トラブルを抱えている人で石鹸系のシャンプーを愛用している人も多いです。

石鹸

アミノ酸系シャンプー

江戸時代など石鹸がまだ普及していなかった時代の人は米ぬかなどを使って身体を洗っていました。

米ぬか(アミノ酸)には緩やかですが洗浄効果があり、この効果を使って髪の汚れなどを落としていたわけで

アミノ酸系のシャンプーは、このアミノ酸と似た性質を持つ成分の洗浄効果を使ったものになります。

当然洗浄力はマイルドで、頭皮や髪へのダメージは抑えられますが、脂性の人や整髪料などを大量に使う人だと、洗浄力が不足していると感じる場合もあります。

また、一般に広く流通していないので、値段が高く、サロンシャンプー、高級シャンプーなどと呼ばれることもあります。

米ぬかで髪を洗う江戸時代の女性

アミノ酸シャンプーはどこで売られているか

アミノ酸シャンプーは一般的なお店で販売されていることは少なく、値段も高いので、通常は美容室などで勧められるか、あるいは特別なルート(通信販売)で売られていることが多くなっています。

アミノ酸シャンプーはコンディショナーがいらない?

アミノ酸シャンプーで髪を洗ってもコンディショナーで髪を整える必要は基本的にありません

シャンプーしたときにコンディショナーでトリートメントする必要があるのは、広く一般に売られている高級アルコール系のシャンプーの場合です。

高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強力で、髪を洗うと、髪に含まれる脂分がほとんど洗い流されてしまいます。

このためシャンプーした後はさっぱりするわけなのですが、髪の潤いを保つための脂分まですっかり洗い流してしまうために、髪を乾かすとバサバサな状態になってしまいます。

これをカバーするために、高級アルコール系のシャンプーで髪を洗った場合はコンディショナーなどで髪に脂分に変わる成分を補給する必要があるわけです。

コンディショナーに含まれている髪を保護する成分はシリコン

所が、コンディショナーに含まれる、髪を保護して、コーティングする成分というのは、実は大部分がシリコンなのです。

一部、シリコンが髪に良くないという風評があるようですが、シリコン自体は医療用品にも使われる、人畜無害な成分です。

スポンサードリンク

コンディショナーとセットになっているシャンプー

アミノ酸シャンプーは髪をコーティングする必要が無い

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなので、髪の脂分を適度に残してくれます。

ですから、本来、髪を洗った後、そのまま乾かしても脂分が残っているので、ばさつく事は無く、わざわざコンディショナーで脂分に変わる成分を補給する必要は無いので

当然コンディショナーなどで、シリコンを付け加える必要もありません

髪や頭皮に脂分があるのが自然

髪を洗ったあとに脂分が残ると、汚れが取れていないのじゃないかと考える人がいるかも知れません

しかし、本来、髪や頭皮に脂分があるのが自然です。

皮膚から分泌される脂分は髪や頭皮を保護し潤いや艶を与える事に役立っています。

ただし、表面に近い部分にある脂分(皮脂)は、次第に汚れが付着したり腐敗したりして、いらなくなります。

このいらなくなった部分だけを主に洗い流してくれるのがアミノ酸シャンプーになります。

髪をとかしている女性

アミノ酸シャンプーはノンシリコンシャンプー

これまで説明してきたように、アミノ酸シャンプーは適度に脂分を残すので髪をシリコンでコーティングする必要がありません

ですから、ノンシリコンと言うよりは、そもそもシリコンを配合する必要がありません

逆に一般の高級アルコール系のシャンプーは、洗った後にコンディショナーなどでシリコンを付け加える必要があるだけでなく

洗っている最中も、脂分が無くなった髪同士がこすれてキシキシするので、シャンプー自体にもシリコンが配合されています。

ちなみに

アミノ酸シャンプー=髪や頭皮に優しい良いシャンプー

アミノ酸シャンプーはノンシリコン

ノンシリコンシャンプー=良いシャンプー

そういうイメージを悪用してシリコンが必要な高級アルコール系なのにノンシリコンシャンプーが売られるようになる。

などということも起こっているようです。

ドラッグストアーのシャンプーが売られている棚

アミノ酸シャンプーとセットでコンディショナーが売られているわけ

アミノ酸シャンプーにコンディショナーは必要ないということを説明しましたが

世の中のアミノ酸シャンプーにはコンディショナーとセットで売られているものが結構あります。

なぜか

世の中にはシャンプーとコンディショナーは一体のもの

シャンプーした後はコンディショナーで髪を整える必要があるという世の常識を

悪くいえば悪用して、セットで買わせよう・・

という魂胆かもしれません

通常、シャンプーとコンディショナーは同じような値段で売られていますから、シャンプー会社としては売上げが2倍になるわけです。

必要も無いコンディショナーも抱き合わせ販売で、会社としては丸儲けということです。

ダメージヘアー

善意に解釈すれば

やはり、シャンプーした後はコンディショナーで髪を整えるものという常識がありますから

なんでこのシャンプーにはコンディショナーがないのという不満に対応しているということもありますし

コンディショナーが絶対いらないとも言えないからです。

というのは、これまで高級アルコール系のシャンプーを使っていて髪が相当傷んでいる人、あるいはカラーリングやパーマで髪にダメージを受けている人の中には、そもそも髪の艶や潤いが不足していて

コーティングしないと髪がバサバサになるという人もいますから、コンディショナーがあった方が良いという人もいます。

そういう人はコンディショナーがセットで付いていても良いでしょうし、あるいは自分に合った別のヘアーオイルなどを使っても良いと思います

髪の生え際に悩んでいる人の為のアミノ酸シャンプー

まとめ

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで、コンディショナーで脂分の不足を補う必要がありませんから本来不要のものです。

ただし、ダメージヘアーなどで髪をコーティングする必要がある人はコンディショナーを使うことも問題ありません

ただし、セットになったコンディショナーにこだわらなくても、別の自分に合ったものを使っても良いですし、専用のヘアーオイルなどを使っても良いでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です