髪や頭皮を傷める!ウソや間違いだらけのシャンプーの常識

シャンプーに関しては髪や頭皮を傷めるウソや間違いだらけの常識がまかり通っています。

色々な思惑が行き交ったり、間違ったサイトの記事を鵜呑みにしてしまったりと

結構デタラメな情報がシャンプーの常識として定着してしまって

それを信じ込んでいる人も多いです。

この記事を読んで、そんなはずは無いと思う人もいるかも知れません

でも信じる人は救われる?

この記事で問題提起したこと、納得できなければ、あなたもしっかり調べて見て下さい

いかにいい加減な情報が飛び交っているか分かると思います。

注意するのは他のサイトの記事をそのまま正しいと思って書いているサイトが多いので、よく調べてその真偽を見極める必要があります。

スポンサードリンク

シリコンは頭皮や髪に良くない、ノンシリコンシャンプーがよいはウソ

シリコンが悪者にされて、ノンシリコンシャンプーがいいなどという話がまかり通っていますが本当なのでしょうか

シャンプーしている人

シャンプーにシリコンは必要な成分

そもそもシリコンは必要があってシャンプーに配合されています。

それにノンシリコンシャンプーって言ってるシャンプーだって、コンディショナーにはたっぷりシリコンが配合されてます(ノンシリコンシャンプー使ったって意味ないです)

何でシャンプーにシリコンが配合されているの

それは、一般に市販されているシャンプーのほとんどは高級アルコール系の洗浄成分を使っているからです。

高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が強力で、髪を洗うと髪を保護している皮脂を、ほとんど綺麗さっぱり洗い流してしまいます。

そうなると髪のキューティクルは半分はがれた状態になり、荒縄のようになってギシギシします。

そういう状態になるのを防ぐためにシャンプーにはシリコンが配合されています。

シリコンが入っていない高級アルコール系のシャンプーで髪を洗えば当然髪がキシキシします。

ということは髪の毛同士がこすれて、すごく傷みます。

化粧品

シリコンは人畜無害な安全な成分

じゃあ、そこまでしてシリコンを排除するほどシリコンは髪や頭皮に悪いのかっていうと

シリコンは全く人畜無害な安全な成分です。

医療品や化粧品にも普通に使われている成分です。

シリコンが有害なら、毎日女の人がお顔に塗っている化粧品に含まれるシリコンのせいで

毛穴が詰まったり、吹き出物が出まくるはずですが、そんなこたあ、ありません。

高級アルコール系のシャンプーで髪を洗えば、髪に含まれる皮脂が抜けて、髪の内部がスカスカの状態になっていますから

シリコンでコーティングすると、多少髪が重たくなってべたっとした感じになる場合はあります。

ていうか、繰り返しますが、どっちにしろ、コンディショナーなどでべたべたに髪にシリコンかけまくる訳ですから、ノンシリコンシャンプーなんて、髪を傷めるだけでまったく意味がありません

と言うと半分ウソになりますのでもう少し説明すると

化学式の模型

アミノ酸系シャンプーはシリコンがいらない

これまで説明したのは、一般に販売されている高級アルコール系のシャンプーの話で

アミノ酸系のシャンプーであれば話は違ってきます。

アミノ酸系の洗浄成分は、そもそも、高級アルコール系の洗浄成分の洗浄力が強すぎて、髪や頭皮を傷めることから

洗浄力を落として、適度に皮脂が残る程度の洗浄力にしたもので、髪や頭皮へのダメージが少なくなっています。

アミノ酸系のシャンプーで髪を洗っても、髪をコーティングしている皮脂を適度に残してくれるので、シリコンを入れる必要がありません

ですからアミノ酸系のシャンプーはノンシリコン

というよりはシリコンを入れる必要がさらさらありません。

更に言うと、適度に皮脂が残っているので、シャンプーが終わった後、コンディショナーなどで脂分を補う必要も無く

シリコンで髪をコーティングしていないので、そのままでもサラサラで腰のあるふわっとした髪質になります。

ですから普通はアミノ酸シャンプーは単体販売で、セットでコンディショナーはついてこないはずです。

もっとも、アミノ酸系のシャンプーなのにコンディショナーが抱き合わせで販売されているものが結構あります。

コンディショナーにはシリコンが入っていたりしますから、コンディショナーを使えばシリコンでコーティングされる分髪は重たくなります。

髪をとかしている人

皮脂は頭皮や髪を守る大切な成分

皮脂というと何か汚れやにおいの原因成分というイメージがあるかもしれませんが

皮脂は皮膚や髪を守るために身体から分泌されている天然の高級オイルとも言える成分です。

皮脂があるから髪や頭皮も保護されています。

ただし分泌されて時間が経つと汚れが付着したり、細菌によって腐敗しますから、適度に洗い流す必要があります。

そこの所のバランスがとれているのがアミノ酸系のシャンプーと言うことになります。

髪にシリコンがべっとりついている人

高級アルコール系のシャンプーなのにノンシリコン

所が世の中には、高級アルコール系のシャンプーなのにノンシリコンなるシャンプーが存在します。

当然そのようなシャンプーで髪を洗えば、髪がキシキシします。

ノンシリコンシャンプーで髪を洗うとキシキシするという話が広まったのもそのせいです。

因みに繰り返しますが、ノンシリコンシャンプーには抱き合わせでコンディショナーがもれなく付いてきますから

結局、髪をギシギシさせながら頭を洗ったあげくに、後からたっぷりシリコンをふりかけることになるはずです。

何でそんなもんが出てきたのか

アミノ酸シャンプーは低刺激で髪や頭皮に優しい(そして値段も高い)=高級?

そしてノンシリコンシャンプー

ということにあやかろうとしたのか

それとも、シャンプーを売りつける目的でシリコンは頭皮や髪に悪影響が出るなどとデマを流したのか

どちらか分かりませんが、シャンプーを売りつけようとする宣伝戦略の中で出てきたデマというしかないと思います。


スポンサードリンク

毎日しっかりシャンプーして汚れを落とさないと頭皮や髪が傷むというのはウソ

毎日シャンプーで頭を洗う必要は無い

あるテレビ番組で専門家の方が、毎日髪をシャンプーで洗う必要は無く、2、3日に1回で良いということをサラッと言われていました。

かなりオブラートに包んだ言い方だと思います。

芸能人の中にはシャンプーを一切使わないお湯シャンで通している人も大勢います。

お湯だけで髪を洗っても、汚れのほとんどは落ちます。

シャワー

特に、一般的に市販されている高級アルコール系のシャンプーは、頭皮や髪への負担が大きく、

若い人や、髪や頭皮が人一倍強い人なら、問題無いのかもしれませんが

中高年以上の人や、髪や頭皮にトラブルを抱えている人が毎日シャンプーを使って頭を洗っているとかなりのダメージがあるのでは無いかと思います。

私自身、お湯シャンをはじめて、問題は無く

以前は夕方には髪がべとつくくらい皮脂が出ていましたが

お湯シャンをはじめて3ヶ月くらいたつと、目に見えて皮脂の量が減ってきました。

毎日せっせと根こそぎ頭皮や髪の皮脂を洗い流していると、身体が、皮脂が足りないと必死で皮脂を生産していたのでしょう。

頭を洗っても適度に皮脂が残っていれば、身体が無理をして皮脂を分泌する必要が無いと感じて、分泌量が少なくなるように自動的に身体が慣れていったものと思います。

シャンプーしている人

現代は毎日シャンプーを使って頭を洗うのがあたりまえの様になってしまっていますが

それよりも安価な刺激の強い高級アルコール系のシャンプーで毎日頭皮や髪を痛めつけているのかもしれません。

実際はそんな必要が無いというか、シャンプー会社の謀略に載せられているというか

仮に、日本国民全員が3日に1回しかシャンプーを使わなくなれば、シャンプー会社の売上げは1/3になってしまいます。

広告をたくさん出しているスポンサーであるシャンプー会社の売上げが落ちれば、テレビや雑誌も困りますし

シャンプーの記事が書いてあるネット上のサイトも、ほとんどがシャンプーを宣伝したり販売しているサイトですから

毎日シャンプーを使って頭は洗わなくても良いなんて、あまり書かないかもしれません。

試験管

石油系シャンプーなんてのは存在しません

シャンプーのことネットなどで調べていると石油系のシャンプーは使うなとか

石油を原料にしているシャンプーは使うな

などと書いてある場合がありますが

今時、衣料用の洗剤でも石油系は少なくなってきていますし、そもそも原料にも植物性のヤシ油などを使う事も多くなっています。

ましてや人体に使うシャンプーに石油系と呼ばれる洗浄剤を使っているものは皆無ですし

もう何十年も前から原料にはヤシ油などの植物性の物を使っています。

シャンプーを製造するときにシャンプーの材料をシャンプー会社さんが直接製造している訳ではなく

原料関係の会社が製造している、各種の材料を購入して、それぞれのノウハウに従って混ぜ合わせて製品にしています。

特に洗浄剤などは、大手の化学会社などがまとめて製造していますから

一部の会社のためにわざわざ石油を使って洗浄成分を製造する訳もなく

ヤシ油などの植物油を使って洗浄成分を作るルートは決まっています。

ですから、全ての会社の製造ルートを調べた訳ではありませんから100%無いとは言いませんが

常識的に考えてもわざわざ、消費者が嫌がる石油系の材料を使ってシャンプーを作るはずもありません

化学実験場

というと、元々は石油から作っていたんじゃないのという人がいますが

一般に市販されているシャンプーのほとんどは高級アルコール系という同じ洗浄成分を使っていますし

それ以外と言えば石鹸系かアミノ酸系

ということになりますが、何れも石油から作ろうと思えば作れる洗浄成分です。

あなたが特にこだわりを持って

アミノ酸系のシャンプー(高額で入手が比較的面倒)

あるいは石鹸系のシャンプー(アルカリ性なので特殊なリンスが必要)

を使っていない限り

おそらく高級アルコール系のシャンプーを使っているはずです。

分かっていて敢えて高級アルコール系のシャンプーのことを石油系のシャンプーと称する人もいますが

となれば石鹸系のシャンプーを使うか1本3000円以上するアミノ酸系のシャンプーを使いなさいという事になります。

泡

(合成)界面活性剤は使っちゃダメは意味不明

界面活性剤は身体に悪いから使っちゃダメという人がいますが

界面活性剤とは油と水を混ぜ合わせ易くする性質を持っている物質のことで

分かりやすく言うなら洗浄成分のことです。

シャンプーに洗浄成分の入っているものを使っちゃダメというのは意味不明です。

界面活性剤を何か有毒な特殊な成分と思い込んでいる人がいるようです。

あるいはそういうと、天然の物は良いけれど合成界面活性剤がダメなんだという人がいます。

でも、天然の界面活性剤というと江戸時代の人が使っていた米ぬかとか、あるいは卵の白身などのアミノ酸という事になります。

石鹸を天然由来と言い張る人もいますが、人類が古来使ってきた、生化学分解しやすい成分というだけで

強アルカリの劇物である苛性ソーダと脂肪を混ぜ合わせて化学合成したものが石鹸です。

石油から作る事も可能です。

石鹸

その石鹸を、いわゆる化学合成ではないと言い張ったとしても

石鹸シャンプーはアレルギーこそ起こりにくいですが頭皮や髪への刺激は、高級アルコール系よりも強いかもしれません。

でも界面活性剤が入ったシャンプーを使うなと言う人も石鹸系のシャンプーを勧めている訳でも無さそうですし

そうなると、界面活性剤の入っているシャンプーを使うなということは

シャンプーを使うなというのに等しい事になります。

アミノ酸シャンプーに関する誤った認識

アミノ酸シャンプーは泡立ちが悪いのは事実

アミノ酸シャンプーは泡立ちが悪い物が多いという人が多くいます。

当たり前で、その通りです。

江戸時代の人とかは米ぬか(アミノ酸)などを使って髪を洗っていました。

髪を洗っている江戸時代の女性

まさに天然のアミノ酸系の界面活性剤を使っていた訳です。

ご存知の通りアミノ酸はどろっとした感じの成分で、その界面活性剤としての能力を使って汚れを落とします。

現代使われているアミノ酸系のシャンプーもこのアミノ酸の持つ界面活性剤としての効果を利用して汚れを落とす物です。

ですからアミノ酸系のシャンプーは泡立ちが良くないというよりは、いわゆる泡で汚れを落としている訳ではないです。

といっても、アミノ酸系のシャンプーでも「発泡剤」と呼ばれる泡立つ成分をたくさん配合すれば泡立ちは良くなります。

しかし、発泡剤はどちらかというと高級アルコール系の洗浄成分に近い刺激の強い成分ですから

それを大量に配合してしまっては、せっかく刺激の少ないアミノ酸系の洗浄成分を使っている意味がありません。

アミノ酸系のシャンプーの説明書きにはよく泡立ててから使うように書いてあり、間違いではありませんが

アミノ酸系の洗浄剤はアミノ酸の持つぬめりで汚れを落とす物だと考えた方がストレスが無いと思います。

ストレス:現代人は高級アルコール系シャンプーの泡がジャブジャブ出て、皮脂を根こそぎ洗い流す強烈な刺激に慣れすぎていて

アミノ酸系のシャンプーだとものすごく中途半端でさっぱり感がないと感じ、それがストレスになってしまうようです。

シャンプーとコンディショナー

アミノ酸系シャンプーはコンディショナーは基本的にいらない

前にも述べたとおり、アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで、髪を保護する皮脂が適度に残っているのでコンディショナーなどで、脂分を補ったり、シリコンでコーティングする必要はありません。

アミノ酸系のシャンプーでコンディショナーがセットで販売されているものもありますが

シャンプーした後はコンディショナーで髪を整える物だという、高級アルコール系のシャンプーだけに通用するはずの常識を逆手にとった、抱き合わせ商売と言えないこともありません

もっとも、パーマやカラーリング、不規則な生活(^^;)などで髪にダメージを受けている場合は枝毛などをカバーするために、コンディショナーが必要な人もいると思います。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーの香りが少ないのは人工香料を使っていないから

アミノ酸シャンプーには香りの良いものが少ないという人がかなりいます。

これは、アミノ酸シャンプーはそもそも頭皮などへの刺激を少なくするために作られたものなので

頭皮への刺激が強く悪影響がある、人工香料を極力使わないようにしていることが原因です。

人工香料はもっともアレルギーを起こしやすい物質としても有名ですし

柔軟剤に含まれている人工香料による健康被害が結構問題になっています。

一般に市販されているシャンプー

まとめ

一般に市販されているシャンプーは、ほとんどが高級アルコール系のシャンプーで洗浄力が強力ですからシリコンを配合する必要があります。

シリコンは安全無害な成分ですが、どうしてもシリコンが嫌ならアミノ酸シャンプーを使うことになります。

また、毎日シャンプーを使って頭を洗わないと行けないというのは誤った常識、シャンプー剤は必要な時にだけ使えばいいですし、お湯だけで洗うお湯シャンだけにするという方法もあります。

石油系のシャンプーという物は存在しませんし界面活性剤が入っていないシャンプーというものも存在しません

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで皮脂を適度に残すので頭皮や髪に優しいですが

高級アルコール系のシャンプーの強い刺激に慣れた人には物足りない感じがすることもあります。

アミノ酸シャンプーは泡立ちで汚れを落とすのではなくアミノ酸の持つぬめりの効果で汚れを落とします。

アミノ酸シャンプーはコンディショナーは不要、刺激の強い人工香料もあまり使われていないことが多いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です