髪がキシキシするノンシリコンシャンプーは髪を傷める原因に

シリコン入りのシャンプーは髪に良くないと思っている人が結構いますが

シャンプーの成分のことをよく知らないでノンシリコンシャンプーを選ぶと、シャンプーで髪がキシキシして、髪を傷める原因になります。

スポンサードリンク

ノンシリコンシャンプーはなぜ髪がキシキシするのでしょうか

ノンシリコンシャンプーの中には髪がキシキシするものが結構あります。

そして、ノンシリコンシャンプーは髪がキシキシするものだと思い込んでいる人もいます。

でもこれは間違い

もともとシャンプーにシリコンが配合されているのは、ちゃんとした理由が有り、

逆にシリコンを配合しなくても良いシャンプーもあります。

髪を洗っている女性

ここのところを見分けないと、本当はシリコンを配合しなければならないシャンプーにもかかわらず、シリコンが配合されていないシャンプーを選んでしまって、髪がキシキシしてしまう事につながります。

そもそも、なぜシャンプーにはシリコンが配合されているのでしょう

通常のシャンプーの洗浄成分には「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分が配合されています。

高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が強くしっかりと汚れを洗い流してくれる上に、安価に製造できるので市販されているシャンプーのほとんどは

洗浄成分に高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。

あなたの使っているシャンプーもホームセンターやドラッグストアで購入しているシャンプーであれば、まず、ほとんどがこの高級アルコール系の洗浄成分を使用しています。

所が、この高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が強いのは良いのですが、髪に含まれている皮脂成分をすっかり洗い流してしまいます。

髪の毛の拡大図

皮脂成分が無くなってしまった後の髪はバサバサになって、キューティクルもはがれやすい状態になっています。

そうなると髪のキューティクル同士が引っかかり、脂分も無くなっているので、髪がキシキシします。

このような状態になった髪に脂分を補給し、髪をコーティングするために配合されているのがシリコンです。

シリコンは医薬品や化粧品にも使われている人畜無害な優れた成分です。

ですから、シリコンは通常のシャンプーに配合されていなくてはならない成分ですし

シリコンが配合されていないと、髪を傷める原因となってしまいます。

というと

ぢゃあ、なんでノンシリコンシャンプーなんてあるの?

ノンシリコンシャンプーは髪に優しいと聞いたけど・・

と思うでしょう。

世の中には確かに髪に優しい「ノンシリコンシャンプー」は存在します。

シャンプーの後で髪を乾かしている女性

それは、高級アルコール系ではなくアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプー

よく、サロンシャンプーなどと言われて美容室などでよく使われているシャンプーです。

このアミノ酸系の洗浄成分は、髪を傷めないようにするために洗浄力をわざと落として、髪や頭皮への刺激が少ないように作られた洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄剤を使ったシャンプーで髪を洗っても、髪を整えるために必要な皮脂成分が残るので、シリコンを入れる必要がありません

ですからアミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーは当然のごとく「ノンシリコンシャンプー」になります。

ノンシリコンと言うよりはシリコンを配合する必要の無いシャンプーと言った方が良いかもしれません

一方、高級アルコール系のシャンプーは、髪の皮脂成分をすっかり洗い流してしまうので

シャンプーに配合されているシリコンだけでは髪の脂分が不足するため、シリコンのたっぷり配合されているコンディショナーやリンスで脂分を補い、髪をコーティングしてあげる必要があります。

その一方、アミノ酸系のシャンプーは、洗っても、髪に十分な皮脂成分が残っているのでコンディショナーやトリートメントで髪を整える必要は無く

コンディショナーなどは必要ありません(^_^)v

それだけシャンプーした時の髪へのダメージが少ないということが言えると思います。

シャンプーとコンディショナー

注:アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーの中にもコンディショナーとセットになっているものがありますが、あれは本来不要のものです。

皆さんなんとなく、シャンプーの後にはコンディショナーで髪に潤いを加えなくてはいけないという先入観を持っている事につけ込んだ、抱き合わせ商品みたいなもので

アミノ酸系のシャンプーで髪を洗っても、コンディショナーで髪をコーティングする必要はありません。

もちろん、髪がひどく痛んでいて枝毛になっているような場合に、シャンプーとは関係なしに、髪の補修のためにコンディショナーを使うのは有りです。

で、話を元に戻してノンシリコンシャンプーの多くは髪を洗うとキシキシすることがあります。

これまでの話で大体予想は付いていると思いますが

髪の皮脂成分をすっかり取り去ってしまう高級アルコール系の洗浄成分を使用しているのにもかかわらずシリコンを配合していないノンシリコンシャンプーは当然髪を洗うとキシキシします。

キシキシさせないために配合されているシリコンが入っていないのですからあたりまえです。

ではなぜシリコンが入っていない高級アルコール系のシャンプーがあるのでしょう

髪をシャンプーしてもらっている人

シャンプーの洗浄成分の違いを知らないと髪を傷める原因に

シリコンを配合する必要がある高級アルコール系のシャンプーにシリコンが入っていない謎には、ある理由があります。

美容室などで使われている、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーは、前の部分でも説明したとおりシリコンを配合させる必要がありません

=ノンシリコンシャンプー

ということで美容室などで使われるアミノ酸系シャンプー

=高級シャンプー

=髪や頭皮への刺激が少なく髪などを傷めない

ということから

ノンシリコンシャンプー=髪に優しいシャンプー

それがまわりにまわって

シリコン=髪に悪い成分

というとんでもない都市伝説が出回ることになったようです。

髪をシャンプーしてもらっている人

そして、それを商売に利用する人(会社)が出てきて

高級アルコール系のシャンプーなのに必要なシリコンを入れずにノンシリコンシャンプーとして売り出して

スポンサードリンク

さも、髪に良いシャンプーのように錯覚させる商法に利用されてしまっているわけです。

さらには、シリコンで髪をコーティングするとパーマ液やカラーリング剤が染み込みにくくなるなどというこじつけのような理屈までもが出てきました。

シリコンでコーティングされた髪の毛

注:シリコンが髪をコーティングしているところを顕微鏡で見ると、ごく粗い網の目状のシリコンが被さっているだけで、これが原因でパーマ液などが染み込みにくくなるとはとても考えられません

ノンシリコンシャンプーを買わせようという企業の魂胆なのでしょうか

シリコンは髪に悪いという根も葉もない話が広がりすぎて、ノンシリコンと言わないとシャンプーが売れにくいという事情も多少はあります。

その結果、もともとシリコンを入れる必要の無い、アミノ酸系のシャンプーにも「ノンシリコン」という宣伝文句が記載されるという事態になっています。

さて、

皮脂成分を根こそぎ洗い流してしまう高級アルコール系のシャンプーに、髪をコーティングするためのシリコンが入っていないのですから

髪を洗った後は、当然、髪がキシキシする事になります。

そしてそれを補うのが、トリートメントやコンディショナー

ノンシリコンとうたっている高級アルコール系のシャンプーとセットになっているトリートメントやコンディショナーには、たっぷりとシリコンが配合されています。

結果的に髪は最終的にはギシギシすることなくサラッとなるのですが、少なくとも髪を洗っている最中は髪がこすれて痛みやすくなってるって事になります。

それじゃあ、意味ないじゃん

ですよね。

あるいは最近、高級アルコール系でノンシリコンだけれども髪がキシキシしないシャンプーが出てきています。

このからくりは、シリコンの代わりに別の種類の同様な機能を持ったコーティング剤を混ぜているだけ

シリコンは衣料品や化粧品にも長年使われている安心無害な成分なのに、シリコンの代わりに新規開発された怪しげな?コーティング剤が入ったシャンプーを、

キシキシしないノンシリコンシャンプーとして販売されているということになります。

ですからちゃんとシャンプーの成分やノンシリコンの意味を理解してシャンプーを選ばないと髪を傷めるだけの結果になります。

df196_l

髪を傷めないためのシャンプーの選び方

ノンシリコンでも大丈夫?なシャンプーの見分け方

本来シリコンを配合しないと髪が傷んでしまう高級アルコール系のシャンプーは洗浄成分に

ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム

などの成分名が記載されています。
(大体が上記の2つ)

注:シャンプーは薬事法により、使用されている全成分の記載が義務づけられており、配合割合の高いものから順番に記載されています。

シャンプーの裏側を見れば、小さな文字で全成分が記載されているはずです。

なおかつ、シャンプーの場合は水分を除くと大部分が洗浄成分ですから、前から3番目までくらいの成分をチェックすれば、シャンプーの洗浄成分のおおよそは分かります。

シャンプーに書かれている成分表示

髪や頭皮への刺激が少なく、必要な皮脂成分を残してくれるアミノ酸系のシャンプーの成分は

ココイルグルタミン酸
ヤシ油脂肪酸
ラウロイルメチルアラニンNa

など色々あります。

これらを全部覚えてチェックするというのも結構難しいと思います。

ということで

製品名に会わせてアミノ酸シャンプーと明記している製品を選ぶと良いと思います。

この時注意するのは

「アミノ酸系洗浄成分配合」という言葉

アミノ酸シャンプーではなくアミノ酸配合と記載していると言うことは、アミノ酸系のシャンプーではない可能性が高いです。

アミノ酸系の洗浄成分は製造単価が高く、洗浄成分を全てアミノ酸系のものにすると、結構なお値段がするはずです。

そこでよくあるのは高級アルコール系の洗浄成分を使用していながら、極一部、アミノ酸系の洗浄成分を混ぜて、アミノ酸系洗浄成分配合としているものです。

極端な話、洗浄成分の1%でもアミノ酸系のものを使用していれば「アミノ酸系洗浄成分配合」と記載してもウソではありません

でもって、さもアミノ酸系シャンプーの様に見せかけている

インチキ臭いですね。

この手のシャンプーは売れれば何でも良いという会社の姿勢が見え見えですから、あまり選択肢に入れない方が良いと思います。

アミノ酸シャンプー

ですから、本当は髪を守るためにはアミノ酸シャンプーを選べば良いのですが

アミノ酸系の洗浄成分は製造するのに手間暇がかかり高価なのがネックになっています。

材料が高ければシャンプー本体も高くなります。

そして値段が高いと売れないと言うことで、どうしても一般のシャンプーと差別化するために

頭皮環境を整える成分を加えたり、育毛成分を加えたりで、とても高性能=さらに値段が高くなるということになります。

一般的に言うと少なくとも2,000円以上するのが普通です。

前にも述べたとおり、アミノ酸シャンプーはシャンプー本体とほぼ同じ値段でセット販売されているコンディショナーなどはいらないので

高級アルコール系のシャンプーに比べれば実質的には半額と言っても良いのですが

一般的なシャンプーが1,000円以下なのに対して3,000円とか言われると、やはり躊躇してしまう場合が多いかもしれません

注:アミノ酸系のシャンプーにもセットでコンディショナーが売られている、ちょっとおかしいんじゃないという製品も多数存在します。

注2:アミノ酸系のシャンプーはホームセンターやドラッグストアで販売されていることは少なく、美容院や通信販売で売られている場合が多くなっています。

ドラッグストアのシャンプーの陳列

値段の高いアミノ酸系のシャンプーには手が届かないという人の場合

一般的に販売されているシャンプー(高級アルコール系)を選ぶことになります。

その場合は、やはりノンシリコンと宣伝しているシャンプーは気を付けた方がよい

というか、特別な事情がない限りやめておきましょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーにはシリコンを配合する必要の無いアミノ酸系のシャンプーと

本当はシリコンを配合しなければならないのに、誤った都市伝説を悪用して、シリコンをあえて配合していない、髪を傷める原因になるシャンプーが存在します。

シャンプーを選ぶのならシリコンを配合する必要の無い髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを選びたいところですが

アミノ酸系のシャンプーは高価なので手が出ないという人は、少なくともノンシリコンだと宣伝している高級アルコール系のシャンプーは選ばないようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です