歯ブラシの寿命は?交換するタイミングや、歯ブラシを清潔に保つ方法

歯ブラシって、どのくらいの寿命があるのでしょう?

というよりは、どのくらいのタイミングで新しい物に交換したら良いのでしょう?

また、歯ブラシの雑菌の繁殖を抑え、清潔に保つためにはどうすれば良いのでしょうか

スポンサードリンク

歯ブラシの寿命はどのくらい

歯を磨いている家族

1~2ヶ月で交換する人が多い

歯ブラシのアンケートを見ていると、一番多いのは1~2ヶ月というもので

だいたいどのようなアンケートでも2ヶ月以内に交換するという人が50%程度はいる様です。

1、2ヶ月で交換する人の交換理由を見てみると

・1~2ヶ月くらいで毛羽立ってきたり、毛先が広がってくる。

・だいたい1ヶ月くらいで歯ブラシの毛先が広がってくる。ブラシが広がってくるとキレイに磨けない

・歯ブラシは1ヶ月くらいで交換するものだと聞いたから

・1ヶ月を過ぎると歯ブラシの根本付近に雑菌が繁殖すると聞いた。

歯ブラシの劣化

多くの人が歯ブラシを交換するタイミング

多くの人が歯ブラシを新しいものに交換しようと考えるタイミングとしては

・歯ブラシの毛先が傷んできたと感じたとき

・毛先が傷んで磨きにくいと感じたとき

・一定の期間が来たら(1ヶ月など)機械的に交換

・なんとなく、そろそろかなと思った時


スポンサードリンク

歯科医師の推奨する歯ブラシの交換時期は1ヶ月

お医者さんが推奨する歯ブラシの交換時期は1ヶ月が目処

毎日の歯磨きで口の中の雑菌を落としているわけですが、歯ブラシをいくら綺麗にしていて、乾燥させていても、ブラシの根本には雑菌が繁殖してきます。

また、毛先が毛羽立ったり開いたりして、コシが無くなってきたものは、歯を磨く能力が低下してきているばかり出なく、歯や歯茎を痛めてしまう恐れがあります。

歯ブラシにもよりますが、ブラシの背中側から見て、ブラシが外側にはみ出して見えるようであれば交換時期と言えます。

見た目がしっかりしていても、雑菌やブラシの毛先が劣化していると、歯ブラシの清掃能力が落ちていて、虫歯になりやすくなるので

定期的(1ヶ月毎)に歯ブラシは新しいものにした方が良いとのことです。

もちろん、毛先が開いてきたりして明らかに劣化していると分かるときには交換した方が良いです。

歯ブラシを清潔に保つ方法

清潔な歯ブラシ

歯ブラシって、結構お口の中の雑菌がくっついてくる上に、濡れているんで、結構、雑菌が繁殖しやすくなっています。

おまけに歯ブラシを置いてある場所が浴室や洗面所であればなおさら、湿度が高く雑菌のパラダイスという事になってしまいます。

せっかく歯磨きで口の中を清潔にしたつもりでも、実は、ばい菌だらけの歯ブラシで、菌を歯に塗りつけているだけだったりすればしゃれになりませんよね。

歯ブラシを清潔に保つ方法

使った後は良く水ですすいで雑菌を洗い流す

水流で、歯ブラシについた雑菌をきれいに洗い流すだけでなく、水道の水には消毒のための塩素がわずかですが含まれていますから

流水で暫く流すことで、かなりの雑菌を消滅させることが出来ます。

使った後の歯ブラシはしっかり水を切って乾かす

歯ブラシに水分がついたままだと、雑菌が繁殖し放題になりますから、使った後はしっかり水を切るようにします。

歯ブラシをよく切って水分をハネ落とすだけでなく、気になる場合は清潔なタオルや、ペーパタオルで水分を落としても良いです。

あるいは、頻繁に歯磨きをする人だと、歯ブラシについた水分が乾ききる前に次の歯磨きの時間になったりしますから

2本ないし3本の歯ブラシを交互に使うという方法もあります。

歯ブラシが完全に乾いてしまえば、雑菌をかなり死滅させることが出来ます。

日光の当たるところに置いておく

可能であれば歯ブラシは、日光の当たるところに置いておくと、天然の紫外線の殺菌作用で雑菌を減らすことが出来ます。

太陽の光を浴びている歯ブラシ

風通しの良いところに置いておく

歯ブラシはなるべく隅っこのジメジメしたところではなく、なるべく風の通る、乾燥した場所に置くようにします

家族が多い場合は同じ入れ物に入れない

2人くらいであればそれほどでもないと思いますが、4,5人くらい家族がいる場合

同じ入れ物に入れておくと、他の人の使った歯ブラシの水しぶきが被ったり、乾きにくくなったりしますから、別々の入れ物に入れるようにします。

歯ブラシの殺菌NG行為

歯ブラシを清潔に保っておくことは大切ですが、だからといってやり過ぎると逆効果な場合もあります。

殺菌NG行為について

指でゴシゴシしごいて洗う

汚れは多少落ちるかもしれませんが、歯ブラシの劣化が早まって、歯磨きがしっかり出来なくなる(劣化したブラシだと汚れをキレイに落とせなくなる)ことになります。

熱湯消毒

歯ブラシはプラスティック製品ですから、熱を加えると変形したり劣化しやすくなります。

同じようにハイターなどの薬品を使った殺菌も歯ブラシを傷めるほか、歯ブラシに残った漂白剤などが口の中に入ってしまう場合があります。

まとめ

歯ブラシは、思っている以上に消耗品です。

勿体ないからと、長期間、同じものを使っていると雑菌が繁殖したり、ブラシが変形して歯磨きの効果が低下してしまいます。

毎日、歯ブラシを清潔に保つよう注意することが大切ですが

歯ブラシは1,2ヶ月以内に新しい物と交換するものだと考え

定期的に歯ブラシを交換するようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です