妊婦が便秘になるのはなぜ、その原因と胎児に安全な解消方法は

妊婦になると便秘になるのはなぜなのでしょう

それでなくても妊娠で、色々な悩みやストレスがあるのに便秘にまでなるなんて

なんてこった(>_<)

でも妊婦さんが便秘になるのはちゃんとした生理的原因がありますし

簡単にスッキリとはいきませんが、胎児に影響のない安全な、便秘解消法もありますのでトライして見て下さい。

スポンサードリンク

妊婦になると便秘になるのはなぜ、その原因は

便秘の人の腸

ホルモンの影響

妊娠すると黄体ホルモンが増加することはご存知の方も多いと思います。

妊娠した後、胎児を守り、赤ちゃんを育てるために必要な身体にするためのホルモンなのですが

黄体ホルモンには腸の働きを抑制する働きがあります。

どうしてかというと、黄体ホルモンは、赤ちゃんを流産しないように子宮筋の収縮を抑えようとする働きがあります。

それが子宮だけなら良いんですが、子宮の近くにある腸の動きも抑制してしまうんで、結局、腸の働きが悪くなって食べた物がお尻の方に送られにくくなってしまって、

腸の中に消化された食べ物がいつまでも残ってしまう

=便秘

になりやすくなってしまいます。

おまけに、便がなかなか移動しないで大腸の中に長らく留まってしまうと、便から水分が吸収されて

便がカチカチになってしまって、ますます便が大腸から先に進みにくくなってしまいます。

食欲の無い人

つわりでご飯が食べられない

妊娠するとつわりが始まり、ご飯もしっかり食べられなくなります。

ついつい食べやすい物(繊維の少ないもの)を少量という事になってしまい、便の材料となる食物繊維の量が減ってしまって、便の量が少なくなります。

しかも、つわりで嘔吐したり、食べ物が食べられないことで身体の中の水分が少なくなってしまって、便に含まれる水分が少なくなったり、大腸で便から水分を吸収したりで

ますます便が硬く、動きにくくなって、腸の中に居座り続けることになります(>_<)

お腹の赤ちゃんが大きくなってくると胃や腸が圧迫される

つわりが治まってやれやれという頃には、今度はお腹の赤ちゃんが大きくなってきていますから

大きくなった子宮で、胃や腸が圧迫されて

ご飯がたくさん食べられない、そして、消化したご飯も圧迫されて、腸の中を移動しにくくなるということが起き始めます。

赤ちゃんがお腹の中にいるので思いっきりいきめない

赤ちゃんがお腹の中にいるので、あまり強く息むと赤ちゃんが出てきてしまうんじゃないかという恐怖感から、思いっきりいきめないというのも便秘の原因になります。

妊婦さんが便秘になるその他もろもろの原因

それ以外にも妊婦さんが便秘になる原因は様々にあります。

・お腹の中の赤ちゃんを支えるためにお腹の筋肉が使われ、直腸を締め付ける力が弱くなっている。

・妊娠により子宮より下側の静脈の圧力が高くなることで痔、静脈瘤、むくみが起きやすくなり便秘の原因になる。

・便秘の解消のために使う薬を長期間使用することで、逆に大腸などの働きが悪くなったり、排便反応が起きにくくなる(便秘薬の常習による副作用)

・妊娠中の貧血対策の鉄剤投与で、便が硬くなる。

などなど

赤ちゃんの手


スポンサードリンク

妊婦さんと胎児に副作用の無い安全な便秘解消法

妊娠中はなるべくお薬(便秘薬)とか使いたく無いでしょうし、便秘薬は使い続けると逆に腸の働きや反応が悪くなって、逆に便秘を助長してしまうこともあります。

出来るだけお薬や、胎児に影響の無い安全な方法で便秘を解消したいものです。

とういうことでありきたりになりますが、妊婦さんの便秘の原因に照らして便秘解消のための方法としては

食物繊維の多い食べ物

食物繊維の多いものを食べる

当たり前の対策ですが、便秘には食物繊維ですね(^_^)v

妊婦さんの口コミなどで良かったというコメントがあった食べ物としては

ひじき/コンニャク/サツマイモ/ドライフルーツ/バナナ/プルーン/玄米/大豆/桃/カボチャ/きなこ/とにかく野菜/

つわりとかで食べられない物もあるかもしれませんから、なるべく自分の好きなもので繊維を摂るようにしましょう。

乳酸菌含む食品や発酵食品を積極的に食べる

便の成分の半分は腸内細菌の死骸だといわれていますし、腸内細菌が活発に働くことで腸の働きも良くなり、便秘解消に効果があります

ヨーグルト/ヤクルト/納豆/味噌/醤油/漬け物など

牛乳やヨーグルト

水分を多く摂る

妊婦さんの場合便が硬くなりやすいのも便秘の大きな原因になりますから、なるべく意識的に水分を摂るようにします。

赤ちゃんにも大切なカルシウムが豊富な牛乳やヨーグルトなどを積極的に摂るようにしましょう。

ウオシュレットをムーブにして使う

水圧を上げて、ムーヴにして肛門の中に水が入るようにあてることで、肛門括約筋をゆるめて刺激します。

腹圧をかけなくとも直腸が刺激され排便しやすくなります。また肛門をマッサージすることで痔の予防にもなります。

適度な運動

運動で便秘を解消した人

便秘の解消には、定番ですが運動

といっても妊婦さんですから出来る運動にも限度があります。

となるとやはりウォーキングという事になります。

お住まいの場所によっては人通りや交通量が多く、危険な場合がありますから、歩く場所は良く吟味する必要がありますが

ウォーキングによって何といっても、振動で、便が下の方に重力で(^^;)落ちていきます。

身体を動かすことで腸を刺激することにもなりますし、お腹や腰の周りの筋肉も鍛えることになります。

妊婦さんがウォーキングを始めるのは妊娠が落ち着いた妊娠12週から臨月までが一般的です。

ウォーキングを始める前には担当のお医者さんに相談して、問題が無いか確認してから始めるようにしましょう。

赤ちゃん

まとめ

妊婦さんはホルモンの分泌や、身体の中で胎児が大きくなって腸などを圧迫することで、便秘になりやすい生理的な理由があります。

便秘を解消するためにはやむを得ない時を除き、薬などに頼るのではなく、

水分補給を積極的にするほか、繊維質やヨーグルト、発酵食品などをしっかり食べ、適度な運動を合わせて行うことで便秘を解消するように頑張りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です