アフィリエイトで安定して月に50万円の収入、会社を辞めても良いのか

アフィリエイトで安定して月に50万円ほどの収入を得られるようになったら会社を辞めて独立してもよいのでしょうか

それともアフィリエイトといっても一時的なものだから、当てにせず、今のサラリーマンの仕事は継続したほうがよいのでしょうか

アフィリエイトでお金を稼いだら会社を辞めようかどうか迷っている人

アフィリエイトは元手がほとんどかからない仕事ですから、収益のほとんどは実収入になります。

50万円あれば、毎月の生活には困らないし

そもそもアフィリエイトであれば、あくせく働く必要も無く、通勤もなく、自宅でマイペースで仕事をしていればよいお気楽な生活のように見えます。

・・・この点は、かなり間違った誤解で、多くの人が勘違いしてます。

それはさておき、不景気な世の中が続いていて

12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」

というツイートが話題になりました。

貧乏な家族とアフィリエイトで大金を稼いだ人

50万円あれば、会社やめて独立していいんじゃねと思う人も多いでしょう

まあ、50万円の収入が永久にあれば、老後の生活も安泰

それでホントに問題が無いかどうかはまた別の機会に検討するとして

はたして、アフィリエイトで老後まで収入を得続ける事は可能なのでしょうか

スポンサードリンク

アフィリエイトの世界は今や阿鼻叫喚

今から、アフィリエイトを始めようかと思ってこの記事を見に来た人には申し訳ないですが、のっけから身もふたもない話から始めると

ここ1、2年の間にアフィリエイトの世界には粛清の嵐が吹きまくっていて

月収100万円クラスのアフィリエイターが次々と廃業し、サラリーマンに戻っているとの話をあちこちで聞きます。

激しい競争と脱落した人

何でそういう事になっているのかというと

ネット環境が変わって、アフィリエイトで収入を得るハードルが劇的に上がって来たためです。

ハードルが上がった理由は3つ

・Googleの検索アルゴリズムが変わって個人のサイトが検索で上位表示するのが難しくなった。

・テレビや新聞広告が衰退し、ネットの広告が伸びてきたことから企業がアフィリエイトに参入するようになった。

・競争が激しくなり、アフィリエイトのレベルが格段に上昇、サイトの記事やデザインにハイレベルのクオリティーが求められるようになって来ている。

と言えば、分かる人は分かると思いますが、

もう少し詳しく説明してみます。


スポンサードリンク

Googleのアルゴリズムが変わって個人のサイトは上位表示しにくくなった

アフィリエイトで大きく稼ぐ為には検索で上位表示する必要がある

まずは検索の上位表示とアフィリエイトの関係について簡単に解説すると

アフィリエイトってのはテレビなどと同じように面白い、あるいは役に立つコンテンツを作って公開し

集まってきた人に広告を表示するというのが基本です。

で、この集客の手段として、メインとなるのが「検索」で

例えば、

「ダイエット サプリ」で検索して

検索画面で1番目に表示されれば、多くの人がそのサイトを訪れます。

そして、そのサイトでダイエットに効果があるサプリを紹介すれば、たくさん売れて手数料がバンバン入ってきて大儲けできるってあんばいです。

検索以外にもサイトを訪れる人はいますが、通常は80~95%くらいの人は検索経由でサイトを訪れますから

アフィリエイトで大きく稼ぐ為には、検索で上位表示する必要があります。

サイトへのアクセスが減ったアフィリエイター

1、2年前までは個人のサイトでも比較的容易に上位表示できた

2017年くらいまでは、個人がサイトを作って、商品名などで検索の上位表示する事は比較的容易でした

容易というとちょっと誤解があるかもしれませんが

ちょっと頑張れば、結構、個人のサイトでも稼ぐことが出来

月収100万円クラスのミリオネアも珍しくありませんでした。

ところが、ウエルク問題などをきっかけに、個人のサイトが簡単に検索の上位表示することが厳しくなり

さらに、前述の通り、企業がアフィリエイトの世界に続々と参入

競争が激しくなり、ちょっとやそっとで、ブログなどで稼ぐことは難しくなってきたわけです。

ウエルク「WELQ」問題がアフィリエイターに与えた衝撃

アフィリエイトは既にオワコン?

アフィリエイトの環境が厳しくなってきたことでアフィリエイターを廃業する人も増えましたが

中には、ユーチューバーやSNSなどを媒体としたアフィリエイトに切り替え、新分野に乗り出す人も増えています。

結局、ブログを使ったアフィリエイトは厳しくなったものの

動画やSNSなど、新しい媒体の分野を開発して、アフィリエイトを継続している人も多いですし

あるいは、ブログアフィリエイトでしぶとく生き残っている人もそれなりに存在します。

オワコンは捨てて新しいコンテンツに飛びついている人

アフィリエイトがオワコンと言うよりは

ちょっとしたテクニックや頑張りで、法外な収入を稼げたここ数年がバブル状態だったのでしょう

そして、今後は実力というか、才能のある人が生き残っていくのではないかと思います。

生き残っていくためには、今までの延長線上ではなく、市場の変化に応じてやり方を新たに開発したり、状況に応じて変化していく必要があります。

もちろん、アフィリエイトという世界に企業が大々的に進出してきた以上、これまでの素人に毛が生えたくらいの知識や技能では太刀打ちできないのかもしれませんし

企業などが参入しにくい分野ややり方を開拓するか

あるいは、個人的に自分をブランディングしていくなど、独自のやり方で道を切り開いていく必要があります。

会社が倒産した人と年金生活に入った人

今までの延長線上で生き残っていくことは難しい

ある一定の状況が続くと、その状態が永遠に続くかのように錯覚してしまいがちです。

平成の初め、バブルがはじけた後も、また景気が回復してくれば右肩上がりの時代が来る、給料も年功で多少は上昇していくだろうと多くの人々は考えていました。

しかし30年間にわたって、日本の経済は横ばいを続け、35年ローンで購入した住宅の価格は下がり続け

正社員であっても、給料も上がるどころか、リストラや役職定年制の導入などで収入は下がる一方という人が多数を占めるようになりました。

中小企業や個人事業でも10年間生き残っているのは半分もいないと言われています。

大企業でも、会社の寿命は平均30年といわれています。

アフィリエイターも独立すれば個人事業主

ということを考えればアフィリエイトを始めて50万円コンスタントに稼げるようになったからといって

老後になるまでアフィリエイトで生活に不自由しないほど収入を得続けられるかどうかなんてのはそれこそ神のみぞ知るなのでしょう。

まとめ

アフィリエイトの世界は、現状、かなり厳しくなっています。

それはさておいても、サラリーマンにしろ、会社を経営するにしろ、個人事業にしろ、何十年も今の状態をキープして安泰でいられるかどうかなんて誰にも分かりません。

時代や環境の変化に対応して生き残っていけなければ、どんなに安定しているように見えても、未来永劫その状態が続くかどうかは分かりません

結局、サラリーマン続けるにしろアフィリエイトで独立して個人事業主になるにしろ、人生山あり谷あり、自分で切り開いていくしか無いのかもしれません

うまく行っていると思っていても好事魔多し。

順風満帆、お気楽な人生を歩もうと思っても、なかなかそううまくはいかないようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です