スノータイヤとスタッドレスタイヤはどう違うのでしょうか

今まで雪とは無縁の地域で過ごしていたけど、寒冷地や積雪地帯に転勤とかになって、初めての冬の雪道の運転が心配という人もいると思います。

暖かい地方に住んでいると、これまでは、たまに雪の降るところへ車で行くことがあっても、タイヤチェーンで何とかなったと思います。

でも、雪が日常的に降る地域に住むとなると、チェーンというわけにも行かず、冬場は冬タイヤが必要になってきます。

所が冬タイヤにはスノータイヤとかスタッドレスタイヤ、あるいは中にはスパイクタイヤという言葉を聞いたことがある人もいるかも知れません。

冬タイヤにはいろいろ種類があるのでしょうか?

自分はどんなタイヤを装着すればいいのだろうかよく分からないという場合もあるかもしれません。

そこで簡単にスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いを説明してみます。

スポンサードリンク
  

スノータイヤとスタッドレスタイヤの違い

本来は冬タイヤ=スノータイヤで

スタッドレスタイヤはスノータイヤの中のある種類のタイヤのことなのですが

スノータイヤとスタッドレスタイヤを分けて考える場合もあるので違う種類のタイヤとして説明します。

スノータイヤ

スノータイヤ

積雪の上を走行することを考えて作られたタイヤで、比較的柔らかいゴムと、深いタイヤの溝によって雪道での走行を可能にしたものです。

スタッドレスタイヤ

低温でも柔らかく、車の自重による圧縮熱で溶けた氷が染み込む性質を持ったゴムで作られ、積雪だけでなくアイスバーンになっているような所でも走行が可能なように作られたタイヤです。

でもこれだけだと、説明不足で、まだよくわからないと思いますので、次の項目も読んでみてください。

冬タイヤの歴史

スノータイヤとスタッドレスタイヤの違いを知るためには冬タイヤの歴史を知っておいた方が分かりやすいと思いますので簡単に説明してみます。

元々、冬タイヤにはスノータイヤが使われていました。

所がこのスノータイヤは積雪の上を走るのには向いていたのですが、雪が固まってアイスバーンになったような場合には制動力が不足して使いづらいところがありました。

そこでこの欠点を補う形で、タイヤに金属製のピン(スパイク)をうち込んだタイヤが出てきました。

これがスパイクタイヤと呼ばれるものです。

スパイクタイヤ
スパイクタイヤ

スポンサードリンク

タイヤの表面に金属のピン(スパイク)がついていますから、アイスバーンになっていても制動力は確保できます。

また深く切れ込んだゴムの部分で雪道の走行もカバーできるので使い勝手の良いタイヤでした。

所がこのスパイクタイヤは道路を大変傷めました。

特に温かい日や降雪がない日が続いて雪が解けて路面が出てくると、スパイクがアスファルトの路面を削る形で道路に穴が空いたり、削れたりしました。

さらに道路が損傷するだけでなく、春先になると削られたアスファルトが粉じんとなって舞い上がり、健康被害などが出てくるようになりました。

参考:スタッドレスタイヤの時もそうだったんですが、春先になって冬タイヤから夏タイヤに履き替えるタイミングが雪国の人にとって悩ましい問題で、もういいだろうと夏タイヤに履き替えたとたんに、どかっと雪が降るなんてことも有り

慎重な人だと、かなり温かくなるまで冬タイヤのままという場合も多いです。

乾いた道路で冬タイヤを使うと走行性能も落ちますしタイヤも損耗するのですが、大は小を兼ねる、冬タイヤでも走行に大きな支障はありませんから、万一の時の保険と考えて、タイヤの交換時期は結構慎重に判断しているようです。

雪の中の車

スパイクタイヤが道路を傷め、粉じん公害の元となったことから、日本では1990年に法律でスパイクタイヤの使用が禁止されることになりました。

このため、アイスバーンの上でも制動力が確保できるスノータイヤが必要となり

スタッドレスタイヤが開発されました。

因みにスタッドとはスパイクのことで、スタッドレス=スパイクのないタイヤという意味になります。

スタッドレスタイヤとスノータイヤのどちらを選べば良いのか

理屈的にはスノータイヤの一種がスタッドレスで

あるいは別の種類のタイヤと考えても良いのですが

現在の日本では積雪だけに対応したスノータイヤはほとんど販売されておらず、冬タイヤ(スノータイヤ)といえば積雪、アイスバーンのどちらにも対応できるスタッドレスタイヤを意味することになります。

まとめ

現在の日本では
冬タイヤ=スノータイヤ=スタッドレスタイヤ

と考えても間違いではないでしょう。

積雪地方や寒冷地では冬タイヤは必需品、日用品です。

購入する際はサイズやメーカーなど、地元のカーショップ専門店の店員さんなどに聞きながら選べば大きな間違いはないと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です